Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 石神井公園駅高架化工事 > 2014年1月 

西武池袋線・石神井公園駅高架化工事を記録する (2014年1月) ←2013年12月へ 2014年2月へ→

[ 2014/1/3(第487回) | 2014/1/11(第488回) | 2014/1/18(第489回) | 2014/1/23(第490回) | 2014/1/25(第491回) | 2014/1/29(第492回) | 2014/1/30(第493回) ]

2014/1/3 (第487回)
外環 都道
2014年のスタートは西武池袋線と交差する予定の東京外郭環状道路予定地沿いに進んでみる。用地買収が進む区域の一番北側、東映通りは道路の両側で大半の土地が更地になってきている。
さらに北側には、外環の工事で失われることになる八の釜の森緑地がある。
比丘尼橋交差点の南で東映通りと別れる都道68号線。一方通行の狭隘路だが、こちらでも用地の買収は進んでおり、外環はちょうど都道を巻き込む形で作られる予定だ。
道路境界標 用地
道路には確かに都道であることを示す境界標があった。 都道68号線の西側に用地が広がる。
乗り越えポイント 練馬清掃工場
そのまま前原交差点を通り、西武池袋線にぶつかるところが外環との交点。ここから南はまったく用地の買収は進んでいない。 練馬清掃工場。いつのまにか南側に大きな建物が建っていた。北側の煙突もだいぶ背が高くなってきている。
2014/1/11 (第488回)
練馬清掃工場 和田バス停
練馬清掃工場。右側の建屋が手前(北側)に延びてきている。 補助132号線の和田バス停(石神井公園方向)も三原台一丁目交差点よりに移設されるようだ。病院の前に歩道の切欠きが作られている。
それに左側の電柱だが、電線の地下埋設が始まったようで電線がなくなっている。
富10 側道
旧富士見台10号踏切東側。4/1には、認可保育園「Nicot石神井公園」としてオープンするらしい。 旧富士見台11号踏切東側から線路北側の側道を見る。かなり道路らしくなってきた。
駅前広場 大泉学園
駅前広場の東側。あとは歩道部分を舗装するだけで完成というところ。 大泉学園駅北口再開発。中心となるビルが徐々に大きくなっていく。
石8 石2
石神井公園8号踏切東側。高架寄りの仮囲いはすっかり撤去された。 旧石神井公園2号踏切脇にこんなものが…
2014/1/18 (第489回)
駐輪場 東駐輪場
3/1に高架下に建設中の東西大型駐輪場がオープンする。 東側の駐輪場予定地。
西駐輪場 石神井町八丁目駐輪場
西側の駐輪場予定地。 一方、西側にある現在運用中の石神井町八丁目自転車駐車場は、今回のオープンに合わせて2/28で閉鎖されるようだ。
標識 凸凹
旧富士見台11号踏切南側の標識が直されていた。 南側側道。掘り返しだらけで凸凹になってしまっている。
完成予想図(南) 完成予想図(北)
駅南側に完成予想図が3DCGで掲示された。こちらは上空から見た図。 北側の完成予想図は地上から見た図。
交通広場 接合部
完成に近づいていく交通広場。 T期工事とU期工事の接合部分。クレーンがアームを出すために部分的に路盤の隙間が残されている。
レール 戸袋窓
外環との交差予定地付近。上り線の高架路盤西端付近だけ、レールが敷設されている部分がある。写真には写っていないが、きちんと2本のレールが軌道になっている。なぜここだけ敷設されているのかは謎。 戸袋窓がガラスの内側からシールで埋められた9001F。9004Fも同様になっているらしい。
ヒビ 30101F
下りホーム東端の柱周りに出来ていたタイルのヒビ。 ようやく運用開始となった30000系10両固定編成の30101F。
拡幅工事 直しています
富士街道の八千代銀行前では、車道の拡幅工事が始まった。 道路をなおしています、という表現が正しいかどうかは微妙だが、2/24までの予定で工事が行われるようだ。
2014/1/23 (第490回)
2/1仮オープン 駅前ロータリー
意外と早く2/1に交通広場が仮オープンするという告知が出た。先にオープンさせて、そのあと現在の駅前ロータリーの工事に入るようだ。 その駅前ロータリーでは、すでにタクシープール近辺で工事が始まっていた。
仮アプローチ 交通広場
旧駅舎の前に交通広場への仮アプローチ道路ができるはずだが、まだこちらは工事が行われていない。 南口から見た交通広場。すでに歩道部分の舗装も終わっているようだ。
2014/1/25 (第491回)
バスロータリー 北側から
改めて仮オープンする交通広場(バスロータリー)の図面を見てみよう。現在タクシー乗り場になっているあたりから、仮設道路で高架下に入り、時計回りに使うようだ。最終的には、現在バスとタクシーのプールになっている部分に取り付け道路が作られる。 北側から交通広場を見る。手前のタクシーのりばの標識は移動されるのだろうが、すでに西武バスの乗り場となるあたりには、バス停の標識が置かれている。奥には、大銀杏と並んで、移設された火車站碑が見える。
南側から 4番乗り場
南側のゲートが工事車両を入れるためか開いていたので、そこから一枚。南側の側道は、ちょうどこのあたりでロータリーに連結されるようだ。 かつて石02の国際興業バスが発着していた4番乗り場。現在は関東バスが使用しているが、来週には高架下へ移るので、この景色ももう見納め。
1番乗り場 点線
10/18に移ってきたばかりの1番乗り場も高架下へ再び移動する。 タクシー乗り場から仮囲いに向かって引かれた斜めの点線が道路の線らしい。
電話ボックス 工事中
電話ボックスは電話機が撤去され、封鎖されていた。 ロータリーの南側では路面工事が進んでいる。
タクシープール 鴨下ビル
植え込みが撤去されてしまい、少しさみしい感じに。 高架化工事が始まる前から北側にある鴨下ビルが立て直しになるようだ。
小屋 Nicot
東側の駐輪場に、何やら小屋が作られている。 仮囲いが撤去され、Nicot石神井公園の姿が南側から見えるようになった。
絶滅危惧種 富士街道
池袋線では絶滅危惧種になった3ドア車。3012Fはいつまで現役でいられるだろう。 富士街道、旧石神井公園1号踏切南側の歩道が徐々に拡張されていった様子が良くわかる。だいぶ歩道部分が広くなり、歩きやすくなった。
2014/1/29 (第492回)
交通広場 西側から
北口から交通広場を見る。ついに仮囲いが撤去され、一望できるようになった。 成増駅南口行バス停側から。北口側がインターロッキング舗装なのに対し、交通広場はアスファルト舗装になっている。
南北通路 南口側
南北通路のシャッター外側。歩道側にかなり広い空間がある。 南口側では、これまで通路だった部分を閉鎖して、交通広場へのアプローチ道路を作っている。
※工事作業中ですので、フラッシュを使わずに撮影しています。
大銀杏と火車站碑 側道
久しぶりに全体が見えるようになった大銀杏と火車站碑。以前よりも火車站碑が西側に移動し、距離が開いた。 南側側道を見る。標識の後ろに、側道から交通広場へのアプローチ道路がすでに出来上がっている。
道路拡張 歩道
補助232号線側は道路拡張工事が並行して進んでいる。 補助232号線の歩道は、あまり広くないように見える。
2014/1/30 (第493回)
朝 ロータリー
1/30朝の南口。ロータリーへのアプローチ道路が完成している。 夜のロータリー。

by Natrium