Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 石神井公園駅高架化工事 > 2013年11月 

西武池袋線・石神井公園駅高架化工事を記録する (2013年11月) ←2013年10月へ 2013年12月へ→

[ 2013/11/2(第477回) | 2013/11/9(第478回) | 2013/11/16(第479回) | 2013/11/23(第480回) | 2013/11/24(第481回) | 2013/11/30(第482回) ]

2013/11/2 (第477回)
補助230号線 旧富9
土支田通りから補助230号線方向。11/15から補助230号線の土支田地蔵西交差点〜土支田通り交差点間が交通開放されることになった。 旧富士見台9号踏切。高架下の元踏切部分にあった盛り上がりを削り取って平らにする工事が行われている。
通路 火車站碑
T期工事東端の高架下通路は完成したもののまだ供用されていない。 大銀杏の下から、下り線があったあたりに移設された火車站碑。しばらく碑文を読むことは出来そうにもない。
旧石1 旧石2
旧石神井公園1号踏切も、いったん掘り下げられていた路盤がさらに下げられていた。左の駐車場、駐輪場との間にかなりの段差が生じている。 旧石神井公園2号踏切は路盤の標識も描かれ、完成したようだ。
U期東端 U期西端
U期工事東端。路盤のコンクリ打設も終わり、あとは開通を待つばかり。 U期西端。こちらもほぼ完成しているようだ。
大泉学園駅北口再開発 交通広場
大泉学園駅北口再開発地区。マンションの土台部分は出来上がったようで、全体を青いシートが覆っていた。 石神井公園駅高架下の交通広場。徐々に工事が進んでいる。

2013/11/9 (第478回)
側道その1 酉の市
西武鉄道の11/7発表によれば、U期工事の下り線は11/24から高架線に切り替わるそうだ。写真は旧富士見台10号踏切脇の北側側道。側溝部分の取り付けが始まっている。 駅前の大鷲神社は酉の市。日本武尊が亡くなった日にちなむとも、鷲妙見大菩薩(わしみょうけんだいぼさつ)が現れ出た日にちなむとも言われる酉の市。今年は三の酉まである。
信号機 側道その2
旧石神井公園1号踏切北側で道路拡張に合わせて信号機の設置がはじまった。一里塚側に信号があるが、高架下を横断する人が多いので、ここに信号があった方が安全だろう。 旧石神井公園1号踏切から北側側道を見る。歩道の柵も設置され、あとは開通を待つばかり。
石8 U期西端
石神井公園8号踏切を通過する急行飯能行の6157F。あと2週間で見納めの風景。 U期工事西端を行く快速急行小手指行の6106F。
切り替え前 仮設アプローチ
再来週には、右側の高架線へ切り替わる。 仮設アプローチ下り線を下っていくヒカリエ号。

2013/11/16 (第479回)補助230号線交通開放
土支田通り交差点 新道
11/15から補助230号線が土支田通りまで交通開放された。旧道の土支田通り交差点には大型車両に新道への迂回を促す看板が。 開通した新道。土支田通りから光が丘まで一直線になった。
バス停移転 バス停
新道の交差点突き当りにあった旧バス停の告知。 移転した土支田二丁目バス停は八千代銀行大泉支店の前に置かれた。
旧道 T期東端
旧道は右に曲がって新道に合流する形になった。 一方、T期工事東端の高架下通路も開放された。
北側 富10
北側から。歩道の改修も終わったようだ。 旧富士見台10号踏切では、拡幅工事が始まった様子。
側道 石1
踏切跡から北側側道の石神井公園駅方向を見る。踏切脇の建物がずいぶん出来上がってきている。 旧石神井公園1号踏切北側には、信号機が設置され道路の拡幅も完了した。
ちちぶ 切り替え
あと1週間で切り替わる下り仮アプローチを下りてくる特急ちちぶ。 下り線の切り替えまであと一週間。

2013/11/23 (第480回)下り線切り替え前日
夏みかん? 離合
明日はU期工事の下り線がいよいよ高架へ切り替え。なぜか補助132号線予定地、和田堀緑道脇にある夏みかん?のたわわな実りからスタート。 補助132号線が開通すればバスはそちら回りとなり、こんな窮屈な離合も見られなくなるが、だいぶ先の話だ。
エリア3 富10
旧富士見台10号踏切と11号踏切の間、エリア3の仮囲いが壁から柵に変わった。写真正面のあたりは駐輪場として整備される。 旧富士見台10号踏切は拡幅工事が進んでいる。
富9 キャベツ
旧富士見台9号踏切の掘り下げ工事は一応終了した様子。北側の道路とはまだ段差があるので、そちらも掘り下げられるようだ。 踏切脇の畑はキャベツ真っ盛り。
交通広場 準備完了
ロータリーの整備が進む交通広場。 U期東端。切り替えの準備は完了しているようだ。
すれ違い 大泉学園駅北口再開発
途中でのすれ違いも今日で見納め。 大泉学園駅北口再開発地域。地上部が出来始めたら縦に延びるのは早い。
U期西端 金網越し
U期西端。明日からは列車手前の工事スタッフが立っているあたりを列車が通る。 石神井公園8号踏切。北側から金網越しに通過する6111Fを眺める。
3001F アート?
下りを待っていたら上りを通過して行った3001F。池袋線を3ドア車が走るのはいつまでだろう。3015F「L-train」は12月で引退だそうだ。 意図したわけではないと思うが、なんだか絶妙にシュールな感じで配置された静物たち。
石5 見納め
石神井公園5号踏切。切り替え後に南側の警報機が移設され、障害検知器なども取り換えられるようだ。 明日には踏切の長さが短くなっているはずだ。
駐輪場 供用開始
旧石神井公園2号踏切西側でも、駐輪場の工事が始まった。 旧石神井公園1号〜2号踏切間の北側側道が、東向き一方通行の道路として開放された。いままで駐車場を通り抜けていた人も多く、かなりの歩行者と自転車が通行していた。
共存 信号
しかしこの側道、車道を歩いている人が結構いるのに、一方通行なためか結構な速度で自動車が突っ込んできている。撮影中に旧石神井公園2号踏切側の交差点で一時停止しない車(側道側の「止まれ」標識が廃止されている)と歩行者が危うく交錯する場面があった。入口側に段差をつけるなど速度が落ちる仕組みがあった方がいいのではないだろうか。 旧石神井公園1号踏切北側の信号が稼働開始。通行量も多く、便利な位置に横断歩道が出来た。
…のは、よかったのだが。
廃止 練馬清掃工場
なんと今度は南側にあった信号だけでなく、横断歩道まで廃止されてしまっていた。
前にも書いたがここもかなり横断する人が多い場所で、突然の廃止に交差点で途方にくれる人、かまわず横断する人、不便だと嘆く人などが続出していた。信号はともかく、横断歩道まで廃止しなくてもよかったのではと思うのだがどうなのだろうか。こちらは却って危険になった気がする。
最後に練馬清掃工場。いよいよ煙突らしき構造物が姿を見せ始めている。

2013/11/24 (第481回)下り線切り替え初日
下り高架線 高架線
今日からU期工事区間の下り線が高架へ切り替え。 旧石神井公園6号踏切先で線路が右へカーブしていくあたりまで路盤が複線分あるが、その先は単線高架状態になっている。
下りアプローチ 下る
旧下り線との合流点に向かって下って行く。 高架線を下る6106F。
石9 石8
旧石神井公園9号踏切付近。下りアプローチに入る様子が見られる。 石神井公園8号踏切。すでに南側の警報機、遮断機は旧下り線側へ移設されている。単線の踏切になった上り線を行く6103F。

2013/11/30 (第482回)
富10 側道
旧富士見台10号踏切。拡幅工事も中盤まで終了。 北側側道も下地舗装が終わった段階。
和田町会 大銀杏
仮囲いの中に入ってしまっていた和田町会の掲示板が移設されていた。 色付き始めた大銀杏。
石3 北側
旧石神井公園3号踏切。ここだけはまだ踏切部分が盛り上がった状態のままだ。いずれ掘り下げられるのだろうか。 旧石神井公園3号踏切から北側の側道になる部分を見る。
仮設アプローチ 石4
上り線の切り替えが終わるまでは仮設アプローチは健在だ。 石神井公園4号踏切から仮設アプローチを見る。すでに下り線は撤去されている。
石5 高架線を渡る
石神井公園5号踏切の西側はまだ下り線の線路が残っている。 石神井公園5号踏切上の高架線を渡る下り列車。
石6 狭幅部分
旧石神井公園6号踏切付近の高架線を行く下り列車。写真右側のあたりから、高架線が下り部分だけの幅になっている。 その切り替え部分。右側は仮設支柱に支えられているのがわかる。
石8 下り
石神井公園8号踏切では、すでに踏切内の下り線路が撤去されている。 石神井公園10号踏切手前で地平に降りてきた6152F。

by Natrium