Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 石神井公園駅高架化工事 > 2008年12月 

西武池袋線石神井公園駅 (2008年12月) ←2008年11月へ 2009年1月へ→

[ 2008/12/6(第124回) | 2008/12/13(第125回) | 2008/12/20(第126回) | 2008/12/23(第127回) | 2008/12/24、27(第128回) | 2008/12/28(第129回) ]

2008/12/6 (第124回)
全景 解体中
北口改札と跨線橋がほとんど消えた駅前。以前より手前に仮囲いが作られている。 北口駅舎の最後の解体作業中。
工事用入口 骨組み
北口のバス停とタクシー乗り場の間が、工事用車両入口に改造された。 骨組みだけになってしまった跨線橋。北口側は撤去が完了している。
階段の跡 旧駅舎
北口階段のあった場所。もう何もない。 古い架線柱も撤去され、北口改札もほとんど形をとどめていない。
上りホーム 跨線橋
上りホームは階段のあった場所に新しい柱が置かれた。いずれ上屋が交換されるのだろう。 下りホーム側の跨線橋。解体途中という感じ。
南側 8
南側は階段だけが原型をとどめているが、これももう風前の灯火。 手書きの停車位置標識。
南口 足場
南口の眺めもだいぶ変化してきた。 富士見台9号踏切西側。足場が組まれている。
2008/12/13 (第125回)
階段が消えた風景 上屋延長
階段が消えた風景。 上りホームは上屋が旧階段の上へ延長され始めた。やはり旧上屋は最終的に撤去されるものと思われる。
最後の階段 取り残され
南側階段だけが残されている。 この風景はいつまで見られるだろうか。
2008/12/20 (第126回)
クリスマス 上屋延長
掲示板もメリークリスマス。 上りホームの仮設上屋が元の階段部分へ延長された。
池袋方 所沢方
池袋方階段部分では、すでに旧上屋の屋根部分と、階段が骨組みだけになっている。 所沢方階段部分では、階段も含め旧上屋の一部が残ったまま。
残存部分 P6
かなり中途半端に残されたオリジナルの上屋。どうやら、このまま使われるらしい。 石神井公園2号踏切から大泉学園方向。P6の向こうに新しい支柱が立ち始めている。
ホクらの未来 冬空
南口の元バス案内所付近には、子供たちのイラストが貼り付けられた。 冬空に跨線橋。撤去はいつか。
仮囲い 富士見台11号踏切
北口の仮囲いが手前に移設されている。 富士見台11号踏切から石神井公園駅寄りの現場は、すでに地盤の掘り下げが進んでいる。
2008/12/23 (第127回)
クリスマスその1 クリスマスその2
工事現場もすっかりクリスマス風味。富士見台9号踏切脇の掲示板。 仮囲いもメリークリスマス。
クリスマスその3 石神井公園3号踏切北側その1
ツリーも登場。

石神井公園3号踏切北側(所沢方)。高架基礎工事が進む。

2008/12/24、27 (第128回)
イルミネーションその1 イルミネーションその2
北口の工事事務所にイルミネーションが飾られていた。 石神井公園1号踏切脇の高架柱P4にも。
2008/12/28 (第129回)
正月飾り 石神井公園駅北側
富士見台11号踏切脇の掲示板は正月飾りに。 石神井公園駅北側ではかなり基礎工事が進展してきた。
下りホーム 上り上屋
見通しのいい景色にも少しなじんできた今日このごろ。南側階段はこのまま年越し? 上り側、延長された上屋の下になっていた旧上屋が一部撤去されている。
行先表示板 旧上屋
撤去された上屋から行先表示板が移設されたが、2分割されてこの状態に。階段側から見ると、4番ホームの表示板が柱の陰になって良く見えないのだが… 旧上屋と支柱はまだ完全に撤去されておらず、このまま年を越すことになるのだろうか。
パッチワーク 柱?
上りホーム旧階段下の床はパッチワーク状態に。 上りホーム所沢方先端部の先に柱の土台らしきものが出現。
門松 32102
北口の工事現場入口には門松。 運転が始まった30000系10連。

by Natrium