Natrium's @lacoocan edition
秩父鉄道 御花畑駅で500系606号車と出会う
606
熊谷駅方面から来た秩父鉄道500系606号車の三峰口行が入線。
駅名標が読み取れないが、周辺の風景から御花畑(芝桜)駅であることは間違いないと思われる。
2番線が出来たのは平成元年(1989年)に西武が乗り入れてきた時で、このときはまだ1面1線の棒線駅だった。
写真左側に写っている上屋は、大正6年(1917年)に秩父鉄道が秩父駅から影森駅間を開通させたときに建築した駅舎の一部。平成16年(2004年)には国の登録有形文化財に登録されており、現在でもその姿を留めている。
副駅名の「芝桜駅」が追加されたのは平成21年(2009年)の話。

by Natrium