Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 江ノ電300形サンオイル号 

Bトレインショーティで江ノ電300形サンオイル号

金色300形の屋根

 江ノ電300形(305F)には、かつて金色一色に塗装して資生堂「SUN OIL」号として走っていたことがあるそうな。実は、これが1982年、江ノ電に初めて登場した広告電車。

 金色は日焼けのイメージなのだろうか....

 とにかく、現在ではほとんど写真も残っていないこの車両を作って見ることにした。最初はBトレインのまま冷房付きで作ってしまったのだが、考えて見ると1982年はまだ非冷房。屋根は500形から流用することとし、寸法が足らない前面部分に300形の屋根を切り継ぎ。

屋根の裏側

 実は屋根を裏側から見ると、側面を取り付けたときの穴に、切り欠きの位置があっていないため、そのままでは屋根が浮いてしまうということが。
  屋根側を削るのが難しいので、側面のガラス側を削ってあわせる。

側面未完成

 前面は最初に作ったものそのままで、組みなおしたところ。まだ側面は出来ていない。

側面完成

 側面の状態については、JTB発行の「江ノ電-懐かしの電車名鑑」に写真があるものの、白黒ページのため色が分かりません。

 今回、dsk300さんより当時撮影なさったという305Fの写真を頂戴することが出来、はじめて詳細な状態が分かりました。側面の読み取れなかった文字も「夏ダカラ、コウナッタ。」という当時のキャッチコピーであったことが判明。
  ありがとうございました。

 先日買い換えたばかりのCANON iP4100を使ってシールを作成して貼り付け。本当は「SUN OIL」の右側にサンオイルのビン(ボトル)が描いてあるのですが、金色にオレンジでは薄くて見えません...

側面拡大  車番表示がちと狭苦しいかも。

by Natrium