Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 小田急2400形 

Bトレインショーティで小田急2400形を作る

1800形に味をしめたので、今度はなんとか2400形を作れないものかと考えてみた。たまたま買ってきたのがパート4のJR 113系関西色。横須賀線と違って関西のは戸袋窓の幅が狭く、絞ってある裾も目立たないのでこれはいけるかもと思いつく。

JR 113系からスタート 

というわけで、113系の側面と窓パーツ、別途用意したモハ79の天井(ベンチレータを削ってある)、GMパーツの2220形正面と2600形妻板に小田急型冷房機を寄せ集めて、2400形らしさを出すために妻板側の窓をカットして寸詰め(笑)し、合わせて天井もカットした状態がこれ(↑部分をカット)。
2478を作るつもりなのがバレバレ。
いろいろ細かく見ると形状が違うところがあるのだが、Bトレインショーティなので妥協するということで、これを元に塗装を行ってみる。

もっとも、まだ課題として残っているのが雨どい位置の違いと、乗務員ドア上のスキマ。雨どいは削ってしまうことにする。スキマは何かで埋めましょう。あとの問題は台車位置をどう調整するか。

塗装を落とした状態 部品をそろえて塗装待ちの状態。雨で塗装が出来ません(悲)
 中間車はJR 113系阪和色から持ってきています。こちらはそのまま使うつもり。屋根はモハ72からもってきました。中間車はエアコンが乗らないので、GMのベンチレータだけ買ってきたものの、モハ72のベンチレータを削ったあとに出来た大穴はふさがないとだめでしょう。

 あと、エアコンがどうも大きすぎて合わないので、GMの形式不明のエアコンを入手。小ぶりで2400形っぽいかなと。

塗装して組み立て 雨の合間を縫って塗装しました。雨どい部分を削らないと雰囲気が出なかったので、削ってあります。
 側面や妻板部分に出来る隙間はMr. WHITE PUTTYで埋めてみました。

 中間車はまだベンチレータの加工が終わってません。中間車の妻板に窓がありませんが、気にしないことにします(をい)。

台車を取り付けてみました。この角度では連結面が異常に広いのが見えないところがミソ(笑)

2478を上から2478を斜め前から

密連形カプラに交換 雰囲気を出すために、KATOカプラー密連形A(黒)に交換してみました。
 ショーティのクセに妙なリアル感が(笑)
 車輪を塗っておけば完璧かもしれません。

完成です 中間車の穴埋め部分を塗装し、パンタグラフとベンチレータを搭載して完成ということで。

1800形と並べてみました。

1800形といっしょ

箱根湯元風味 DDFの箱根湯本風ぷちらまに2400形を入れてみました...が!
 狭い!というか低いのです屋根が。冷房が高いので引っかかるのはともかく、ためしに1800形を入れようとしたらベンチレータでも十分引っかかる。
  しょうがないので斜めにして無理やり入れてみました。出すのに苦労しそう。

4両化 ようやく残り2両を制作しました。
 今回は屋根にパート6の103形初期車のものを使い、再塗装を施してみました。屋根色はこれくらい明るい方がそれっぽく見えますね。

by Natrium