Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 小田急2200形 

Bトレインショーティで小田急2200形(猫目)を作る

京急1000形からスタート

 京急1000形がHG仕様で再発売されたので、さっそく小田急の猫目こと2200形を作って見ることにしました。左はオリジナルの状態。

塗装しなおし

 まずは塗装を剥がしてGM鉄道カラーNo.21小田急アイボリーで塗装。

 猫目の前面はGMの京急1000形未塗装キットからですが、このキットはすでに販売されておらず、秋葉原のGMストアーでバラのパーツで手に入れたものです。

 たまたま見かけたので買っておいたのですが、現在品切れのため1両分しか手元にありません(悲)

屋根の加工

 化粧した前面と、屋根です。

 屋根は京急1000形のクーラー部分を切り取り、プラバンで埋めてあります。ランボードはプラバンを切り出したもの。ベンチレーターはGMの東急5000系キットからです。

猫目の出来上がり

 GMの小田急用ステッカーから帯を張って、組み立てて完成です。

 窓枠は手書きでサッシを書き加えてあります。しかし、よく見ると不要な行き先表示幕が(^^;)

貫通路付き  貫通路付きも作ってみました。ベンチレータはGMキットの余りから。

 屋根は京急1000形の中間車(パンタなし)のクーラー部分を削り取り、1.2mmプラバンをはめて削りだしたもの。若干盛り上がっているのがわかりますね(^^;)

 今回からカメラが変わっています(FUJIFILM FinePix 4900Z→FinePix F710)。古い方はマクロで撮影しないときれいな絵が撮れませんでしたが、新しいものは画素数も多く、ノーマルでも十分という感じ。
  逆にマクロは暗めの絵に撮れるようですね。

勢ぞろい  小田急旧型車両勢ぞろいの図。

 手前から1800形(ベースはクモハ73)、2400形(113系)、2200形貫通路あり(京急1000形)、2200形貫通路なし(同)です。

 昭和の時代には、こんな電車が主流でした。

by Natrium