Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 長野電鉄2500系 

Bトレインショーティで長野電鉄2500系を作る

切り接ぎ

 GMの東急5000系キット2両セットを眺めていたら、ふと切り接ぎ位置に閃きまして、オリジナルの両側ドアから最初の窓の横で切って、真ん中を切り落とすとちょうどBトレインショーティサイズだったんです。

 で、切り接いでみたのが左の写真。なんと、ぴったりでした(^o^/)

正面を長野風に

 さて、ここまでは東急5000系だったんですが、ただ緑色一色に塗るのも芸がないので、前からモデル化したかった長野電鉄2500系とすることにしました。

 東急5000系と長野電鉄2500系の大きな違いは、正面と屋上です。
 正面は元の尾灯と窓枠したの手すりがなくなっているので削ります。屋上はベンチレータがオリジナルと異なり押し込み型なので、GMのベンチレータパーツから流用します。

 前面に本当ならタイフォンが付きますが、今回は省略。

白ガエル?

 1回目の塗装をした状態です。

 実車では、全体を赤く塗装した後で白を塗ったようなのですが、マスキングの手間を考え、先に白く塗ることにしました。

 白はGM鉄道カラーNo.28西武アイボリー、赤はGM No.29京急バーミリオンを使います。
 屋上はGM No.35ダークグレーと、ベンチレータがGM No.9ねずみ色1号です。

マスキング  赤(京急バーミリオン)を塗るためにマスキングした状態。
床板の加工

 ところで床板ですが、この車体、よく知られているようにスソが大きく絞り込まれているために、床板の幅が狭くなっています。

 Bトレインショーティ標準の床板を使うためには、床板側を大きく刈り込んでやる必要があります。車体固定用のツメを切り取り、全体に両脇をカットして幅を合わせます。

塗装完了

 塗装完了。かなりそれっぽく出来上がりました。オデコが白い旧塗装バージョンです。

 前面窓枠、前照灯、尾灯、窓枠サッシはTAMIYAペイントマーカーを使っています。
 ちなみにパンタグラフはGMのPT42。

完成?  完成...といいたいところですが、実はまだパンタグラフがひとつ載っていません。

 しかし、両側の運転台にパンタグラフが載っかっているのは実は2500系ではなくて、2600系(をい)。片方がパンタなしなら2500系のC1かC2になるのですが。

 ドアの窓が小さいのはT1編成なので、長野電鉄の実車では中間車がついています。時間が出来たらもうこれも作って見たいところです。

中間車(白)

 中間車の制作を開始しました。先頭車で感覚はつかんだこともあるし、今回は動力化を狙っているので組み立てる前に塗装しておきます。

 切り接ぎ位置は先頭車と同様。写真では分かりにくいのですが、先頭車より切り接ぎ部分の出来が悪いような気が(^^;)

 京急バーミリオンを塗ったところ。
 というわけで、中間車完成です。動力を組み込むために、側面の下を削ってはめ込んであります。

by Natrium