Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 小田急クヤ31 

Bトレインショーティで小田急の総合検測車クヤ31を作る

Bトレインの部屋さんの投稿に、パート5の仙石線205系の前面をパート4の209系に取り付けると小田急3000形にそっくり、というのがありまして、それを見ていて小田急の総合検測車「クヤ31」を作ってみようと。試験塗装(というか塗装前)の状態なら楽に出来ると踏んだのですが(笑)

パーツの図 用意したのはパート5仙石線205系初期先頭改造車タイプ、パート4は209系ではなくE231系800番台(東西線用)がたまたま手に入ったのでこれを使用。
 前面を205系、側面をE231系とします。
 前面は銀と黒に塗装しなおしですが、左の段階ではまだ銀色のみ。
 側面は後ろ側のドアと窓が余計なので、枠部分を削った状態です。塗装をはがしたら、0.2mm透明プラバンで蓋をする予定。
 実車(って実は現物を見たことがなかったりするのですが)は、中央窓がふたつあるのですが、そこはBトレインショーティということでご勘弁を。

 さて、問題は屋根。実車はJRや小田急3000形で使用されている集中型クーラーではなく、分散型クーラーを2基搭載しています。
 要するに、屋根中央にあるクーラーが邪魔。削ってみたのですが、巨大な穴が出来てしまうのでどうにも格好が付かず、次に試したのが左の切り継ぎ。
 仙石線の先頭側の次に、中間側を切り出して逆に向けてつなげてあります。さらに最後は南武支線205系のあまり部品からパンタグラフ受け部分を追加で1両分。
 本当はコルゲートも削ったほうがいいのでしょうが、再塗装を省略するために割愛(をい)。

前面塗装中 クーラーは結局東急8590系のが一番似ているので、それを転用。あとで考えますが、もしかしたら無理して2個搭載しないほうがいいかも。

前面を一部塗装してみました。窓の下を黒くするとそれっぽくなってきますね。
 エアコンは乗っけただけでまだ接着していません。

側面の加工  側面の塗装を落としました→

 不要となる後部ドアと窓に透明プラバンで蓋をして(写真の下側)、隙間をパテで埋めました(写真の上側)。

 さらに、前面についてはE231系の方が厚みがあるため、スカート取り付けるための十字型の部分を削り落とし、ぴったりはまるようにしています。
 スカートのことは別に考えるということで。

 そのほか、ガラスはふさいだ部分とぶつかるので削ってあります。

 このあと再塗装ですね。

クヤ31完成 GM鉄道カラーNo.39(アルミシルバー)で側面を塗装したのですが、これが予想以上に難しく、写真に写っている側は3回目でようやく妥協できる状態に(^^;)
 反対側は後部ドアと窓の埋め戻しがいまいちで、写真よりも段差が目立ってしまっています。

 前面もつけてみると側面との間に微妙な隙間が出来てしまい、最後にパテを入れて埋めてあるので継ぎ目があまりきれいではないですね。

 後部ドアと窓は裏から光が透けてしまうので、裏側をグレーに塗るか、塗った板を入れたほうがいいかもしれませんが、とりあえずここまでということにします。

 あと、実は苦労したのが前面の黒。手を抜いてタミヤのペイントマーカー(X-1ブラック)で塗ったまでは良かったんですが、乾きが非常に遅くてつい触ってしまい、何度も塗りなおすハメに。
 まあ、おかげで少し光沢が落ちてそれっぽくはなりましたが。

 スカートもつけたいところですが、それはそのうち。

スカート ずいぶんと時間がたってしまいましたが、1000系のBトレインショーティが出たのを機会に、1000系のスカートをクヤ31に取り付けてみました。

 実際には前面の下に接着してありますが(前面側のスキマが不足しているため)。

by Natrium