Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 京王3000系1次車 

Bトレインショーティで京王3000系1次車

京王3000系1次車

 京王3000系の発売を前に、発売されないであろう片開きドアの1次車を作ってみた。

 元ネタは京急1000形、GM鉄道カラーNo.8 ステンレスシルバーを吹きつけ、GMのアクセサリーNo.82 コルゲート板を側面に貼ったもの。屋根は京王6000系から。

 前面はGMキットのスソを削って直線的に直し、塗装したもの。アイボリーはGM鉄道カラーNo. 28西武アイボリーを使ってみた。

前面

 前面の調整具合。右側はスソを削った状態。

2両目は両開き

 京王から3000系が発売になったので、2両目に両開きドアを入れた晩年の編成を再現してみる。

 編成美がくずれたことで非常に評判の悪かったこの編成ではあるが、当時乗っていたことを思い出すとなかなか味があるような気がしてくるのだがどうだろう。

1次車+7次車  1次車(3002F)と7次車(3024F)。

 撮影はこちらが先で、1次車2両目の側面帯を塗りつぶすのに手抜きをしてタミヤのペイントマーカーを使ったら塗り跡が目立つこと(苦笑)

 上の写真はGM鉄道カラーで塗りなおしてある。

市販品と合体

 渋谷側は屋根と前面に市販されている京王3000系アイボリーのパーツを使ってみた。前面が京急と比べて奥行きがないため、屋根板を多少削る必要あり。実際には、妻板側もかなり苦しい。

 前面はスソに多少パテをもって再塗装してあるのだが、ほとんど分からないのでそのままでよかったかも。

5両編成

 5両編成の完成。前後で先頭車のクーラー数が異なってしまったがまあいいとしよう。

3014Fとの並び

 現在も井の頭線に残る最後の非更新車(オリジナル顔)3014Fとの組み合わせ。

 実際には、側面帯のない3002Fと側面帯のある3014Fの並びというのはなかったであろうと思う。

 ちなみに、3014Fの屋根は京王5000系の雨樋部分を削って載せてあります。先頭車は屋根の長さが足りないので、3000系の屋根を継ぎ足し。

3014F屋根の継ぎ足し

by Natrium