Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 鎌倉総合車両センター 

Bトレインショーティで鎌倉総合車両センター(旧・鎌倉総合車両所)

下準備

 情景シリーズ3「電車区・洗浄線」を手に入れたので、せっかくだからクモヤ143だけでなくそれらしい車両も作って見ようということで、作業用機械車両を制作。

 作業用機械車両は、晩年は南武線にいた旧クモハ103-11と、常磐線にいた旧クモハ102-1201を組み合わせて作られた事業用車両で、車籍はなく、工場内の入れ替え用という位置づけの車両であるようです。

 ベースとした車両はいずれもパート6の103系。スカイブルーのものと、東西線用1200番台を使っています。最初からカナリアの103系を使う手もあるのですが、色を合わせるために全部塗りなおしました。

塗装完了

 屋根板はクモハ102-1201側はオリジナルにGMの分散型クーラーを載せ、ランボードを追加したもの。クモハ103-11側はパート1の屋根板ですが、パンタグラフが前面側に変更されているため、パンタなしの屋根のベンチレータを削って穴埋めし、クーラーを塗装、改めてパンタグラフとランボードを追加したもの。
 ランボードはGMのキットからあまりを切り出し。

 作業用機械車両に特徴的な塗装に関しては、GM鉄道カラーNo. 12(黄5号)、No. 29(京急バーミリオン)、No. 30(東急ライトグリーン)で表現しました。

鎌倉総合車両所風

 完成した車両を情景シリーズ3に乗せてみました。なお、クモハ103に増設されている前照灯は、GMのキットにあった東急8500系の前照灯から削りだしたものを貼り付けてあります。

 本当は反対側のクモハ102側にも付ける予定ですが、失敗して材料がなくなったのでまだ(^^;)

クモハ103側

 クモハ103側のアップ。前照灯の増設よりも、前パンになったパンタグラフが特徴的ですね。

クモハ102側

 クモハ102側のアップ。前照灯は8500系が手に入らず、GMのJR 123系から削りだしています。オリジナルと比べてかなり違う印象を与える位置についているので、顔つきが大きく変わっています。

 実車では貫通扉の下側にも窓がついているのですが、これはステッカーなどで表現するかどうか思案中。

完成

 クモハ102側に窓を付けて見ました。実際にはホワイトラベルに印刷したステッカーを貼っただけですが。

by Natrium