Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > BトレインショーティとTHEバスコレクション 

BトレインショーティとTHEバスコレクション

Bトレイン改造シリーズ(鉄道会社別)
 江ノ電(江ノ島電鉄)
  1000形(各種塗装バージョン取り揃え)
  2000形(連接台車バージョン有)←江ノ電1000形
  500形(銀色塗装「BARBICAN」モデル)
  300形(金色塗装「SUNOIL」モデル) 
 小田急電鉄
  1800形←パート5 国電クモハ73全金車
  2200形←京急1000形
  2400形←パート4 JR113系
  2600形←相鉄新6000系
  総合検測車クヤ31←パート5 JR205系(仙石線)
  9000形廃車体輸送←トラックコレクション+9000形さよなら運転限定
 京王電鉄
  6000系4扉改造車6723F
  事業車両デワ5100(キワ29付) ←京王5000系
  井の頭線3000系1次車←京急1000形
  事業車両デワ601 ←京王6000系
 旧型国電&JR
  事業用車両クモル24←パート5 国鉄クハ79ほか
  鶴見線仕様のモハ72970←パート1 JR103系中間車
  鎌倉総合車両センター風←情景シリーズ3「電車区・洗浄線」+パート6 JR103系初期車、103系1200番台
  南武線205系山手線転属車 ←BR3 JR205系初期車(山手線)
  鶴見線205系1100番台広窓車 ←パート2埼京線+パート5仙石線
 西武鉄道
  20000系←パート4 JR E501系
  6000系←BR3 JR205系(埼京線)
  101N系←GMキット短縮
 営団地下鉄&東京メトロ
  7000系←BR3 JR205系初期車
 長野電鉄
  2500系←GMキット東急5000系短縮
 京急(京浜急行)
  460系←京急1000形
  600形BLUE SKY TRAIN←京急2000形、2100形BLUE SKY TRAIN
 相模鉄道
  新検測車700系←相鉄7000系
 十和田観光電鉄
  7200系←東急7200系
 日立電鉄
  3000形←銚子電鉄1000形
 銚子電鉄
  デハ1000形桃太郎電鉄塗装←銚子電鉄1000形
  デハ1000形鉄子の旅塗装←銚子電鉄1000形
  デハ2000形←京急1000形、京王3000系ほか

日立電鉄3025 銚子電鉄1000形から、日立電鉄3000形を作成してみました。赤はMr.BASE WHITEの上にMr.カラーNo.68モンザレッドを使ってみています。帯はキッチンの日立3000デカールを使用。

京急600形BlueSky編成 京急のBlueSky編成は2100形しか発売されていないので、600形を作って見た。前面のみ2100形、側面ほかは2000形から流用したものの、塗装の色がかなり違う(悲)
 側面はMr.ベースホワイト1000の上にGUNDAM COLOR No.02 Gブルー1なのだが、いかんせん暗めになってしまった。う〜む。

BlueSky側面 横から見ると色の違いがクッキリ。
 ついでに、屋根の位置があっておらず隙間が空いてしまう。どうも、2000形の方が側面が長いらしいのだ。

 てなことをしていたら京急から発売されてしまいましたよ。

SUNOIL  ド派手な金色電車は1982年に江ノ電に初めて広告塗装車が登場したときの「SUNOIL」塗装。
 前面にSUNOILロゴが入ってます。側面が分かる写真が見つけられず、まだ何も貼っていない状態。
 当時、派手な金色は評判が悪かったらしい(笑)

 側面の情報を入手したこともあり、屋根が冷房付きなのは考えて見るとおかしいので、作り直してみました

 銀色(500形のBARBICAN塗装)の方も別ページへ移動。

京王3000系1次車 京王井の頭線3000系発売記念ということで(?)、発売されない1次車を作って見ました。
 前面はGMキットを削ったもの、 屋根は京王6000系、側面は京急1000系にGMのコルゲートを貼ったものです。編成も作って見ました。

京王バス旧塗装 THEバスコレクション第四弾を入手。いきなりシークレットを引き当てました。

松本電鉄3000型 松本電鉄3000型を入手。北陸電鉄8900系と並べて見る。
 これを見ていると、やはり京王3000系が欲しくなりますな。

江ノ電シリーズの新作、モモ電とチョコ電を入手したので。モモ電の柄模様はシールなので、なかなかきれいに貼れないですねえ。

モモ電とチョコ電

東急5000系 GMの東急5000系キットを使ってショーティ化する試みを実施中。
  とりあえず車体中央部を切り落としてつないでみた状態。

  どこのバージョンで塗装するかが問題だ。

 で結局、長野電鉄2500系にして見ました。

第3弾のシークレット THEバスコレクション第3弾が発売されましたので、早速購入。
  シークレットの1つ、警察仕様を引き当てました。しかし、さすがにこれは実物を見たことがないですね(^^;)

北陸鉄道の箱 北陸鉄道8900系を入手。箱がでかい(笑)
 京王や江ノ電と比べると厚みが倍です。 HGシャーシでありながらプラットホームが付いているためにこうなったんでしょうね。

北陸鉄道8900系 そして中身。連結器は雰囲気を出すためにグレーに塗ったパーツを床板に接着し、台車(Bトレインショーティ急行電車1タイプ)の連結器部分を切り取って回るようにしています。
  動力側はスカートなしということで...

MODEMOの江ノ電500形を入手したので、Bトレインショーティ版と並べて撮影。Bトレインショーティが腰高なのがわかりますね。前面のRもMODEMOの方がはっきりとしています。

MODEMOとB

パート6の「あさかぜ」仕様を作りました。本当はパート7に入るらしいEF65 1000番台だと、KATOの20系客車とセットで昔買ったものと同じ編成になるんですけど。

あさかぜ

南武支線205系パート5の205系南部支線タイプが2両そろったので撮影。前面パネルの方向幕と前照灯部分が透明のままでしまらないので、黒く塗ってみました。カプラーも密連型に変えたので、ちょっとそれっぽく。

EB10 Bトレインショーティパート5のEB10が出てきたのですが、よく見ると窓ガラスが入ってないんですねこれ。で、取り付けてみました。

 まあ、見た目では良くわかりませんが(笑)

 足回りはずいぶん前に買っていたポケットラインの動力です。連結器が垂れ下がってしまうのがちょっと難点ですかね。スペーサーを挟んだほうがいいかも。

江ノ電300形(Bトレインショーティ)が仲間入りです。KATOのBトレインショーティ対応小型車両用動力ユニットを組み込んであります。パンタグラフが未装着。

江ノ電300形と京濱急行バス

シークレットモデル?動力ユニットはそのままハメ込むだけでいいのですが、トレーラー用の台車はカプラ部分が床板に当たってしまうので、床板を削るか切り取る必要がありました。しかし、動力ユニットは以外と台車の回転範囲が狭くて、このレイアウトでは曲がりきれない恐れが...

お隣りはトミーテックから出た「THEバスコレクション」シリーズの京濱急行(旧字体)ボンネットバス。鎌倉駅近辺でこういうツーショットがあったかというと、なかったような気はします(笑)

って、このとき気がつかなかったんですが、この白い京急ボンネットタイプはラインナップに載っていないではないか!シークレットモデルってこれ?(^o^;)


通常モデルも入手したので、並べて撮影。左がカタログに載っているノーマル、右がシークレットモデルということです。
行き先表示が左は「大森駅」、右は「空港」となっています。DDFの京浜急行タイプでは、紅白の塗装は高速バスタイプとなっていますが、同系統の塗装ですね。

K.H.K.二種揃い

小田急バス個人的には、この時代の京急バスには詳しくないので分かりません(をい)

右はそもそもTHEバスコレクションを買いはじめた動機になっていた小田急バス(いすゞ BX352タイプ)。
個人的に思い出深いバスでもあるので、 これを狙って買い続けたものの、当たりを引いたのは実に17個目という(苦笑)
1ケース以上買ってますな。

結局、手元にないのは国鉄の新タイプ(三菱ふそう MP118タイプ)と阪急の旧タイプだけで、あとは上のシークレットモデルも含めて11種類揃ってしまった。

最多は阪急の新タイプが4台(悲)、次点は名鉄が新旧それぞれ2台ずつ。東京では人気がないモデルに違いないと思うのだが、だから多いのか?
使わないモデルは売り払ってしまいましょうかね。


さて、江ノ電300形にパンタグラフを装着したので、DDFの「ぷちらまトレイン 江ノ電風・七里ヶ浜」というジオラマセットに入れてみました。
Bトレインショーティ2両分でギリギリというか、ピッタリ収まるサイズです。同じDDFの江ノ電バスモデルも入れてみたら、道路が狭くてバスが巨大に見えてしまい失敗(笑)
飾り物としては、今の状態の方が小粋な感じでよろしいかと。

ぷちらま

ついでに江ノ電500形も組み立てたので、怪しげなバックとともに撮影。テーマ全然なしだ(苦笑)

江ノ電500形

by Natrium