Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 江ノ電2000形 

Bトレインショーティで江ノ電2000形を作る

部品

 江ノ電2000形は巨大な前面窓が特徴。再現するためにGMの京急2000形の前面と乗務員扉部分を利用してみることにしました。
 京急2000形の窓枠下部分を削り、開口部を広げてみる作戦。

 側面は1000形と大差ないので、そのまま利用し、塗装しなおすことに。

仮組み

 開口部を広げた前面に乗務員扉を付け、乗務員扉部分を切り取った側面を合わせてみる。サイズは問題なし。

下地塗装

 塗装しなおした状態。下地はGM No.21小田急アイボリー。本当はもう少し緑色がかっているのですが、そこは妥協。

塗装中  塗装中です。
 窓枠周りはMr.カラー No.33つや消しブラック、窓枠上下の帯はGM No.30東急ライトグリーン、車体下帯はMr.カラー No.319薄松葉色を選択しています。

 一番下の帯はもう少し青みが欲しかったかもしれない。
完成

 完成しました〜(^o^)
 パンタグラフはKATO PS22を使ってみました。

ジオラマに入れてみた前面の方向幕周りはホワイトフィルムに印刷。前面窓の上下にはクリアフィルムに印刷して日よけと運転台を表現しました。

それっぽく
連接化その1

てなことをやっていましたら、ガメラさんより連接用動力台車をいただいてしまいました(^o^/)

で、新たに制作した2両目とともに組み立て。車両の方はガメラさんのページを参考に、側面ガラスの下縁に集電用配線が通る穴を開け、床回りを改装してあります。

連接化その2

連接台車の具合がわかりやすいショットを狙ってみました。

KATOのR216曲線は問題なく通過できます。連接間隔が狭いのでリアルですね〜(^o^)

4両編成

トレーラーの連接も作って4両編成にしてみました。

トレーラー側の連接台車はオリジナルの連接用渡り板の下側を削り取り、KATOの急行用台車の前後をカットして張り付けたものです。
動力側よりも間隔が広いんですが...

後ろの2両は塗装試験ということで、真っ白けな状態の1200形とポカリ塗装の1000形。SEA BREEZEにするか、明治製菓にするか思案中...

量産型

ガメラさん用に量産型モデル(笑)を作ってみました。

1号機との違いは、車体下の帯をMr.COLOR 320濃松葉色に変えたこと、正面窓(まだ取り付けていません)に貼るクリアシートを薄手のもの(PLUS IT-324TF-C)に変えたことですね。

ガラスをはめるとこんな感じ。
2000形の顔

専用ステッカー

で、行き先表示幕付きのステッカーも作ってみました。文字幕部分は江ノ電公式ホームページの写真から作っています。

組み立て前の状態でガメラさんのもとへ旅立ちます。

by Natrium