Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 鉄道模型 > Bトレインショーティ > 江ノ電1000形 

Bトレインショーティ江ノ電1000形の部屋

江ノ電1000形勢揃い

 江ノ電の新シリーズ1000形、600形が発売になったので早速1000形(標準塗装タイプ・右)を組み立て、MODEMO(奥)、グリーンマックス組み立て(左)と並べてみました。

 GMのは塗装済みモデルではなく自力塗装なので、ちょっと白っぽい。ドア間の窓数がそれぞれ違うところが面白い。

謎の4両編成

. 4両編成にしてみました。って、を?

3両編成化

 切り継ぎなしで工作したので運転席のドアがついたままなのと、連接部分の間隔が空き過ぎて失敗作でした(^^;)

 ということで、新たに中間車を新造し、3両編成に(笑)

 切り継ぎに失敗して筋が見えますがこのほうがマシかな。
実は裏側はさらに失敗。切り継ぎ位置を運転席ドア横にしたら、組み立て用のピンが邪魔で大きな隙間(というか裂け目)が発生。

 切り継ぎを行うなら、あとの処理から考えても上の写真のように車体中央部分で切るのがいいようです。これだと、窓のパーツの切断位置をずらして切断すれば、屋根の切り継ぎ部分を除けば接着剤なしでも組みあがってしまいます。
(上の写真も、切り継ぎ部分をまだ接着していません)

 みためも中央の窓がやや小ぶりになるだけなので、いかにも中間車改造に見えるような。
 ちなみに屋根は方向窓部分のパーツを切り落として、そこに別の屋根からパーツを継ぎ足してあります。写真では目立ちませんが中間車の奥(左)にあたる部分です。

裂け目だ、これじゃ
ポカリ前面  

GMの江ノ電1000形キットに付いているデカールを使って、ポカリスウェット塗装を作ってみようかと。

前面は窓にマスキングしてGM鉄道カラー22(小田急ブルー)で塗装しただけですが、真ん中の1回目は裏側にマスキングするのを忘れて窓が青く...(悲)
右側の2回目は裏側にマスキングして事なきを得ました。

ポカリパーツ   各パーツも塗装。こうやってみると小田急ブルーではポカリスウェットの色と違うような...
本来なら、もっと鮮やかな青ですね。今回はこのまま進めてしまいます。
揃い踏み  1000形2種+1500形サンライン塗装の揃い踏みです。角目の1200形(明治製菓塗装)も作れば完璧かな?
試験塗装

 1000形の塗装テストです。手前側一番左はGM鉄道カラー22(小田急ブルー)、SEA BREEZE塗装のための前面として制作。その右はMr.カラー80(コバルトブルー)。
  一番右がMr.カラー107(キャラクターホワイト)。Mr.カラーのこの2色は隠蔽性が悪く、厚塗りになってしまいました。ホワイトはまだ下が透けてますね。

 照明の具合で目で見たよりも明るく撮れているのですが、コバルトブルーはポカリスウェット塗装に、キャラクターホワイトはSEA BREEZEの白に使えそうです。
 奥の列は失敗して塗装を剥がしたもの(笑)と、隠蔽性を上げるために下地としてGMカラーNo.9ねずみ色1号を塗ったもの。この上にMr.カラーを塗ります。

ポカリ塗装その2  ポカリ塗装の2号車が完成しました。1号車とかなり色が違うのがわかると思います。2号車の方がそれっぽいですね。
明治製菓号とSEA BREESE号  パンタが載ってませんが、明治製菓号とSEA BREEZE号も作ってみました。ステッカーは実物を参考に手書き(笑)
カール側  アーモンドの裏側は一応カールになってます。
キンカン号

 広告電車シリーズもだんだん作れるネタがなくなってきますが(笑)

 次はJTBキャンブックス「江ノ電 - 懐かしの電車名鑑」の写真から、キンカン号(1201F)を作ってみました。 Mr.カラーのNo.4光沢イエローにシールを貼ってそれらしく作っています。

新塗装

 年末に登場した新塗装を早速再現してみました。

 塗装はGM鉄道カラーNo.28西武アイボリーと、No.30東急ライトグリーンでだいたいOKなようですが、問題は金色の飾り帯。
  ICテープが入手できれば楽だったのかもしれないのですが、年末年始で手に入らず、A-oneのフィルムラベル「ゴールド」を切り出して貼り付けてあります。

 一応、実車と同じ1002号車。

by Natrium