Natrium's @lacoocan edition
小田急1900形
1900形
鉄道コレクション第6弾の小田急1600形から、1900形を作成。
種車
「エヌ」2008/4月号に、鉄道コレクション第6弾の小田急1600形から、前照灯を付け替えて1900形にする作例が載っていたので、マネして作ってみることに。
種車は当然小田急1600形デハ1607とクハ1657の組み合わせ。デハ1607はその後岳南鉄道モハ1108に、1657は「とれいん」2008/4の記事によれば近江鉄道1201になったとされています。
パーツ
バラした状態のパーツ。
2灯式の前照灯は、以前製作したクロスポイント小田急2200/2220形キットのあまりパーツ、2220形前面から持ってくることにした。
塗装剥がし後
塗装を剥がした状態。右は同時進行の関東鉄道キクハ1用の近江鉄道1202。下地の色が異なっているのが分かる。
しかし、このオレンジ色の下地はやっかいな色だなあ…
前照灯はこの後溶きパテで隙間を埋めておく。
ベースホワイト
とりあえずMr.ベースホワイト1000を塗って下地を抑える。
塗装
GM鉄道カラーNo.22小田急アイボリーを塗装。屋根は同じくNo.9ねずみ色1号で上塗り。
窓枠部分がきちんと塗れていなかったため、微妙にオレンジ色が透けてみえてしまい、この後窓枠部分だけ筆塗りでレタッチ。
帯
帯はKitcheNの「小田急鋼製通勤車・青帯デカールB」を使用。説明書通りにデカール軟化剤を使わないとうまく付かない。
行先表示は前出クロスポイントキットから。この段階ではまだ貼っていないがOERマークもクロスポイント小田急2200/2220形対応車両マーク(銀文字)インレタを使用。車番も貼りたかったところだが、適切なインレタがなく断念。
完成
クリアコートを吹き、窓を入れ、パンタグラフを付けて完成。
クハ1900
クハ側。小田急多摩線開通当時は、こんな車両が2両編成でのんびり走っていました。

by Natrium