Natrium's @lacoocan edition
小田急クヤ31テクノインスペクター&ワイドドア1700形を作る
クヤ31
クロスポイントの未塗装キットを組み立て。本来ならテクノインスペクターの牽引はワイドドア車でも中間車は先頭車からの改造ではない1751Fか1752Fなのだが、中間車化改造車が作ってみたかっただけなのでそこは気にしない方向で1753Fとして製作(をい)
塗装選び1
営団6000系での失敗を教訓に、今回は帯から塗ってシルバーをあとから塗ることを考えてみたが、それ以前にクヤ31や1700形の地肌にGM鉄道カラーNo.39アルミシルバーでは暗すぎるのではないだろうか、ということで比較のテスト。
まずは下地になにも塗らず、いきなり銀色を塗ってみる。写真ではわかりにくいが、やはりアルミシルバーは暗く見える。鉄道カラーNo.8はステンレスシルバーとして使われているが、明るさはこちらの方が実車に近く感じる。
鉄道カラーNo.8と比べると、MrカラーNo.8のほうがキメが細かい感じ。クヤはこちらの方が近いかもしれない。
塗装選び2
続いて下地を塗ってみての比較。実は小田急ブルーのスプレーが終わってしまい、下は千代田線で使った緑15号で代用。
やはり1700形には鉄道カラーNo.8、クヤ31はMrカラーNo.8かなという気がする。写真ではわかりにくいが、拡大した下の状態だと右になるMrカラーNo.8のほうが、左の鉄道カラーNo.8より若干暗めに見える。
塗装選び3
参考までに塗ったMrカラーNo.90シャインシルバーと、鉄道カラーNo.39アルミシルバーは、色合いもイマイチだが、隠蔽性が弱いのもありそう。
パンタグラフの穴
1700形は現行のシングルアームパンタグラフ仕様で組み立てることにする。
GMのPT71Aがほど近かろうということで、取り付け穴を開けておく。
エアコン
クヤ31のクーラー・キセは各所で薦められているタヴァサの小田急4000系冷改車屋上セットを使うことにする。
金属キットなので、アサヒペンのメラルプライマーを塗ったのちに、鉄道カラーNo.14で塗装。それにしても、プライマーが臭くて参った(笑)
ロイヤルブルーを塗装
1700形の前面にGMストアー限定の鉄道カラーNo.102ロイヤルプルーを塗装してみる。
いままでの鉄道カラーNo.22よりも明るく、実車に近いイメージの色になっている。
クヤを青塗装
つづいてクヤ31のボディをロイヤルブルーで塗装。フラットな面が大きいので、塗装のアラが目立つ...
切り継ぎ
1700系中間車化の改造部分はパーツの切り継ぎ。継ぎ足すパーツが多少長かったのでヤスリで削って長さ合わせが必要な感じ。
切り継ぎ部分の裏側には、補強のためプラバンの切れ端を貼り付けた。
エアコンのディティールアップ
クヤ31のクーラー、キセの通風孔部分を実車っぽく黒く塗装。きれいに塗るのが難しいが、リアル感が多少は増すかなと。
しかし、1700形の方も全部やるのかと思うとちょっと辛い(苦笑)
台車
クヤ31の台車枠を接着。ゴム系(セメダイン速乾Gクリア)ではうまくくっつかず、瞬間接着剤で補強したが、接着剤を付けすぎた(悲)
密連
1700形の小田原方TC2の先頭台車と、クヤ31の後位の連結器をKATOカプラー蜜連A(グレー)に交換して連結可能に。
1700形側はスカートと干渉するのでかなり削ってあります。スカートが結構不安定なので、これもプラバンで補強。
連結面その1
難しかったのが連結面の塗装。細かいモールドをつぶさないようにしつつ、ドアだけ化粧板っぽさを出すために、まずはMr.ベースホワイト1000を薄っすら塗って、ドア部分だけマスキング。
連結面その2
GM鉄道カラーNo.8ステンレスシルバーを塗装し、ドアを残してマスキング。このあと同o.28西武アイボリーをドアに塗装。
側面
側面は帯部分のみMr.細切りマスキングシートの2mmで一気にマスキング。側面もステンレスシルバーで塗ってみる。
M3
とりあえず、中間車セットのM3から組み立て。クーラー・キセの通風孔まわりや、車番、連結面のホロなどを仕上げたらクリア塗装へ進みます。
こうやって見ると、連結面のドアは小田急アイボリーのほうがよかったかも。
クヤ31屋上
一方クヤ31は屋上機器を取り付け。アンテナはあとでMr.カラーNo.115ライトブルーで塗る予定。
ドアのゴム
COPIC MODELERのスミイレ用0.02mm Blackでドアのゴム部分を黒く塗ってみた。ドアが引き締まった感じ。
クヤ3シルバー塗装
クヤ31はMr.カラーNo.8シルバーで塗装。
中間車化改造部分のマスキング
中間車化改造部分をマスキング。
塗りわけ
オリジナルの車体部分をGM鉄道カラーNo.8、中間車化改造部分をMr.カラーNo.8で塗装。写真ではなかなか区別が付かないが、光沢感の違いが分かるかなと。
連結面と前面
連結面の塗装調整と、前面の前照灯まわりの塗装。
レタ貼り
インレタが苦手な私にとっては地獄のようなレタ貼り(笑)
ドア横の文字ロゴがかすれてしまった(悲)
クヤ31完成
クヤ31完成です。
1953完成
1700形小田原方の先頭車1953完成。
牽引車連結
というわけで牽引状態に。
連結面
連結面の様子はこんな感じ。
テクノインスペクターのインレタは塗装に比べると青みが強くて明るい感じですねえ。
ドア窓
1700形で特徴的なドア幅の修正部分は窓枠の出っ張りをGM鉄道カラーNo.8で塗っています。
1903号車
取り付けるとこんな感じで...よくわかりませんね(笑)
中間車化改造1853号車
今回の目玉である中間車化改造車1853号車。なんともアンバランスな側面がキュート(をい)
1803(M付)
モーター車になっている1803号車。
1703号車
1703号車。
1753号車
そして新宿方先頭車1753号車。

by Natrium