Natrium's @lacoocan edition
熊本電鉄5102A
熊本電鉄5102A
GM東急5000系キットとKitcheN「平面カエルお手軽セット」で熊本電鉄の両運転台5102Aを作る。
平面カエルお手軽セット
クロスポイントで手に入れたKitcheNの「平面カエルお手軽セット」。これを使って平面カエルを作ってみようという話。
側面
切妻以外のパーツはGMの東急5000系キットを使う。切妻側運転台の窓埋め加工を施した状態。
二つ折り
切妻面は二つ折りにして瞬間接着剤で固定。
胴体
窓枠部分を溶きパテで補正(慣れていないので溝が埋めきれていないが…)。
組み立て
切妻面を接着したところ。
塗装
GM鉄道カラーNo.30東急ライトグリーンで塗装しました。屋根は若干濃い目で仕上げたかったのでNo.35ダークグレー、屋上機器をNo.9ねずみ色1号とした。
照明の具合で塗装がかなり青めに見える。
表示器
塗装の色としてはこちらのほうが実物に近い。
ドア回りに熊本電鉄独特な表示器を取り付けた状態。表示器はホワイトフィルムで作成。
完成正面
というわけで完成。動力台車が入手できず、走行は出来ません。
側面
側面にはいろいろ付いている。
今回の工夫ポイントは車番。結局銀色でAのインレタが手にはいらなかったので、「DD51 1102」という丁度いい番号の入っていたレボリューションファクトリーのNo.567 DD51ナンバーインレタ北斗星用を使用。Aは4を斜めに転写してごまかしてある(笑)
切妻側完成
前照灯は銀河モデルN-013 101・キハ35系用ヘッドライト。テールライトは銀河モデルN-021 旧型国電半流用のいずれもクリアパーツのみ使用。
動力化
動力台車が再生産されたので、動力化しました。そのままだと車体に入らないのでダイキャストと床板部分をかなり削ってムリヤリ(笑)
ついでにテールライトを逆挿ししていたのを修正(をい)

by Natrium