Natrium's @lacoocan edition
関東鉄道キクハ1
キクハ1
鉄道コレクション第6弾の近江鉄道クハ1200形から、関東鉄道キクハ1形を作成。
種車
鉄道コレクション第6弾は、小田急1600形とその譲渡先である近江鉄道モハ200形202(元デハ1603?)、クハ1200形1202(元デハ1601)と岳南鉄道クハ2100形2106(元1659)がラインナップされているが、今回は尾灯が屋根下からはずされ下へ移動している近江鉄道のクハ1202をベースに、関東鉄道へ譲渡され気動車と組んで走っていたキクハ1形を作ってみる。
左は種車の近江鉄道クハ1202、小田急デハ1601だった車体を使って作られたものらしい。
ドア
塗装を剥がし、妻板側に関東鉄道に移ってからつけられた狭幅のドアをプラ板で付けたところ。
左は同時進行の小田急1900形用に製作中の車両。
クリーム色4号
前面の尾灯を削り取り、代わりに銀河モデルN-021旧型国電半流用テールライトを埋め込み。
GM鉄道カラーNo.4クリーム色4号で塗装した。
妻板
塗装すると妻板側もそれなりな感じに。実車とはだいぶ印象が違うがそこは気にしないということで(笑)
朱色4号
下半分はGM鉄道カラーNo.31朱色4号で塗装。車番は前面部分をトレジャータウンTTL065B「キハ55系郵便荷物車標記(赤文字)」、側面部分の社紋を同TTL065A「キユニ26・キニ56標記(白文字)」、側面の車番はGM 6310「客車、座席車(白色)」を使用。
屋根は新車なら銀色となるところだが、古ぼけた感じが出るので近江鉄道の状態のまま使用することにした。
完成
というわけで完成しました。尾灯回りは実車とかなり違ってますが、屋根の微妙なカーブも出ていないし、まあ気にしない方向で(笑)
キクハ1形1号車は小田急クハ1655からの改造とされています。
妻板側
妻板側は実車の写真がほとんどなく、かなり推測で作ってます。
さて、キクハだけでは運行できないので、相方になるキハ751か753を作らないとねえ。
キクハ1+キハ751
鉄道コレクション第13弾で関東鉄道キハ751(元小田急キハ5001)と組んでみました。
当時もこんな凸凹っぷりで走っていたらしいですね。

by Natrium