Natrium's @lacoocan edition
昭和情景博物館
昭和情景博物館
実相寺昭雄監修と言うことで期待の高かった玩具菓子シリーズ「昭和情景博物館」が発売されたので入手。
車両4種(都電6000形+江ノ電100形)と商店3種(電器屋、郵便局、散髪屋」)の7種類+シークレット(夕焼け酒屋)ということで、シークレット以外は入手した。
見た感じ、トミーテックの街並みコレクションと似た路線、似たつくりだが、おそらく素材が違うため建物は多少ゆがみが大きい。土台が大きいため並べて見るのが難しいが、ほとんど違和感はない。
街並みコレクションと一緒
左が昭和情景博物館の郵便局、右が街並みコレクションの写真館。同じスケールなので、土台さえ工夫すれば一緒に使えそう。
江ノ電
江ノ電は「藤澤」行きの107号車と、鎌倉行きの108号車。実車は細かいところに違いがあるものの、見た目はほぼ同じなので同じ型を使っている様子。
欲を言えば、Z型パンタグラフの角度がイマイチか。
都電横
都電6000形をMODEMO版と並べて見る。
MODEMOが腰高なので、むしろ情景博物館の方が実車に近い雰囲気といえるかもしれない。MODEMO版は塗装が塗りたてで新車風なのに対して、ウェザリングされていて年代を経た印象。
都電は40系統日本橋行き6288号車と、21系統北千住行き6139号車の2種類。
都電正面
並べた状態を正面から見る。
スケール感は非常によくできている感じ。このまま動力化してみたくなる。
江ノ電正面
江ノ電もMODEMO版と並べて見る。
MODEMOの方が塗装が明るい感じ。実車のややくたびれた感じを出しているのかも。MODEMO版がつるっとした外観なのと比べると、リベットが強調されすぎてはいるが、かなり芸が細かい。
塗装がはみ出しているのがちょっと残念か。
江ノ電横
こちらも横から。
やはりMODEMOの方が腰高。あとはZパンタさえ…

by Natrium