Natrium's @lacoocan edition
箱根登山1000形スイスレーティシェ鉄道仕様
箱根登山1000形スイスレーティシェ鉄道仕様
TOMIXから発売されていない箱根登山1000形の現行塗装(スイスレーティシェ鉄道風)を作って見ました。付随車側にはRF SYSTEM lab.の車載カメラ「トレインスコープTC-9」を搭載しています。
トレインスコープ搭載
とりあえず分解した1000形の付随車側にトレインスコープを押し込んでみます。なんとか収まることを確認。
電源部分
トレインスコープの電源部分は車体の集電板にハンダ付け。付随車も前照灯のために集電機構がついているのでそのまま利用します。
連結器
連結器部分は、オリジナルの動力車だとノイズが多いため、ほかの動力車でも押せるように、Bトレインショーティ用カプラー&ウエイトセットから連結器部分を持ってきて取り付け。
カメラ
カメラ部分はこんな感じ。両面テープとメンディングテープで止めただけだったりします。
車体を載せる
オリジナル塗装(旧塗装)の車体を載せてみます。実は、カメラに車体前部の前照灯を押さえるパーツが引っかかって浮いてしまうのですが。
突起を削る
てなわけで突起部分を切り取ってしまいます。
再塗装前の車体
さて、車体の塗り替えです。まずは窓、屋根板をはずした状態。面倒なので(をい)塗装は剥がさずこのまま塗装していきます。
下地塗装
下地塗装はGSIクレオスのMr.BASE WHITE 1000を使って見ました。
赤
まずは赤。レーティシェ鉄道の色に合う赤がGM鉄道カラーにはありません。いろいろ試して見た結果、バンダイのGUNDAM COLOR 09 Gレッド1を使ってみました。
シルバー
シルバーはGM鉄道カラーNo. 39アルミシルバーです。
裾
裾まわりのグレーはGUNDAM COLOR 08 ファントムグレーにしてみました。
完成
というわけで完成です。そこそこ、見られる色になったような感じ。実物はもう少し深みのある赤に見えています。

by Natrium