Natrium's @lacoocan edition
鉄道コレクション改造 江ノ電800形
800形と108号車
Nゲージでの発売が相次ぐ江ノ電ですが、旧型車の中でNゲージ化されていない800形を鉄道コレクションの切り接ぎで制作してみました。実車の800形は何度も改造を受けているので、3扉化され、パンタに替わってまだ前照灯が1灯の1980年前後の姿をプロトタイプとしたということで。
切り接ぎ前
改造の元になるのはTOMYTECの鉄道コレクション第一弾 フリータイプのモ1031(15m車)と、モ1032(12m車)。
モ1032の前面と、モ1031の側面をつなぎます。
切り接ぎ後
切り接ぎしたところです。左はMODEMOの江ノ電108。
モ1032は尾灯がひとつしかないので、モ1031の前面から切り取って貼り付けてあります。
ドアの変更
窓配置が実車と違うのですが、そこは見ないフリで(をい)。中央のドアは改造で増設したもので、実車も1枚窓なので窓枠を切り取り。
塗装中
前面、側面と塗装しました。西武アイボリー(GM鉄道カラーNo. 28)と、東急ライトグリーン(同No. 30) を使っています。
MODEMOの方が黄色いですかねえ。
一応完成
というわけで屋根(GM鉄道カラーNo. 35ダークグレー)と屋上機器(同No. 14灰色9号)を塗り直し、ライトに色挿しをしてTOMIX PS13を取り付けて完成です。
もっとも、台車に最初GMのブリルを履かせてみたのですが床板との相性が悪くカーブを曲がれないことが判明、いったんオリジナルの台車に戻してあります。
最終的には、TOMYTECの別売走行用パーツセットTT-01待ちという状態ですね。
TT-01を装着
走行用パーツセットTT-01を装着しました。
動力ユニットと違って車輪が銀色のままなのは何故でしょうね...

by Natrium