Natrium's @lacoocan edition
営団地下鉄丸の内線300形 / 400形 / 500形
400形正面
RM MODELS 10周年記念号の特別付録 営団地下鉄丸の内線ボディキットを、両運転台の400形として組み立てて見ました。
ホビタスから再販されたキットを使って500形、300形も製作。
全景
旧・帝都高速度交通営団(営団地下鉄)の丸の内線を走っていた電車、300形、400形、500形、900形と見た目がよく似た車両が走っていましたが、今回は単行運転してもおかしくないように両運転台の400形。
行先は付録のシール。車番はGMのインレタです。
上から
斜め上から。
本物は常に屋根が汚れていた印象があるので、新品同様な状態はかえって違和感があるかもしれない。
GMの限定品カラーNo.91 メトロレッドで塗装してあります。が、地肌のプラスチックとほとんど同じ色なので塗装具合が分かりにくくて苦労しました。
横から
最後にサイドビュー。400形の小窓改造車は黒Hゴムが多かったようなのでそのように。
サインカーブはさすがに手書きはむりでしょうねえ。付録のシールを使用しています。
裏側を塗装
ホビタスからキットが再販されたので、動力台車なしのセットを購入。車両を増備することに。
前回、プラスチックの地肌が透けるという問題があったため、ネットでの作例も参考に裏側を塗装して透け対策してみました。
裏側に何を塗るかという問題については、実車の内装がピンク系だったので、Mr.カラーNo.111キャラクターフレッシュ(1)を使用。実車よりも薄い色だけどまあいいでしょう。
組み立て
組み立ててみたところ。今回は500形初期タイプを選択。
実はこのとき、大きなミスがあったことに気が付いていなかった…
外面塗装
外側にMr.カラーNo.68モンザレッドを塗装。透けがなくてこりゃいいぞと車番、帯まで貼り付けたところで気が付いた、妻板側側面が左右逆にくっついているではないですか!
どうしようもないので、いったん妻板側側面を切りはがし、3両目の300形では使わない側面を移植することに(悲)
直した
で、直しました。
300形
両運転台の300形も製作。400形と屋根が違う。
585完成
500形585号車完成。前回の459では屋根の質感がイマイチだったので、通風孔にスミ入れをしてみました。
301号車完成
300形301号車完成。301号車は現在地下鉄博物館に保存されていますね。
通風孔部分とドアにもスミいれをしてみました。

by Natrium