Natrium's @lacoocan edition
営団5000系千代田支線仕様を作る
営団5000系千代田支線仕様
クロスポイント東京メトロ5000系キットからアルミ車に置き換わる前の営団千代田線北綾瀬支線仕様を制作。
5846号車
クロスポイントから発売された東京メトロ5000系キットを使って、営団時代の千代田線北綾瀬支線バージョンを作ってみる。
とりあえず5846号車ということで完成してしまった。が、あとで気が付いたらあまりに慌てて作ったために、窓枠を塗り忘れていたことに気が付いた(苦笑)
帯はステッカー、塗装は説明書通りで特に工夫もなし。
屋根の切り継ぎ
反対側の5045号車はキットに入っていないパンタグラフ付き先頭車なので、屋根は切り継ぎで作成。
窓枠
今度は忘れずに窓枠を塗る。
再び5846号車
5846号車も組み立て後に塗れるところだけ塗ってみた。
5322号車
支線仕様は3両編成なので唯一の中間車5322号車。この編成、つい最近まで綾瀬車庫で入換用として使われていたらしいが、残念ながらその頃は実際にみていない。
5045号車
おそらく綾瀬側の先頭に立っていたはずの5045号車。
営団のSマークで、正面ドア部分の帯に番号が付いていないのは入線してすぐの時期だけだったらしく、ほとんどの写真では帯に番号が付いているのだが、あえて本線上でも見かけた正面番号なしで作ってみた。
で、一応完成なのだが、実は5045の先頭側台車のカプラを切り取る時に台車を壊してしまい、代わりにFS517を履かせてあったりする(苦笑)
台車交換
FS539が再発売されたので先頭台車を交換し、完成です。
マイクロエース製との並び
2009/1発売となったマイクロエース製(右)との並び。
マイクロエースは5841-5327-5041の編成になっていますね。左の5846-5322-5045の編成は、北綾瀬支線引退後に新木場検車区で入換用として使われていたそうですが、いずれもすでに廃車されています。

by Natrium