Natrium's @lacoocan edition
鉄道コレクション第1弾から銚子電鉄デハ301(現行塗装)を作る
銚子電鉄デハ301(現行塗装)
鉄道コレクション第1弾とKitcheN銚子新色デカールAを組み合わせて、銚子電鉄の現行塗装でデハ301を作ってみる。
元の状態
KitcheNの銚子新色デカールAを入手したので、鉄道コレクション第1弾から現行塗装モデルを製作してみる。
デハ301のあまりがなかったので、塗装がことなるだけのフリーモデルをベースにする。
実車と比べると、実車にない運転室ドアがあったり、ドアがプレスでなかったり尾灯がふたつ付いていたりと違いがいろいろあるのだが、削って済ませられる尾灯以外は気にしない方向で進める。
マスキング(失敗)
塗装は下地処理なしでいきなりやっつけてしまおうということで、マスキング。前照灯を取り外して屋根のマスキングをしたのはよかったが、胴体部分は塗装順を間違えた。先に全体を鉄道カラーNo.1 赤2号で塗らなければいけなかったのだ。
というわけで、これは失敗でいったん下半分をはがす羽目に。
塗りかけ
気を取り直して赤2号を塗装。その上からもう一度下半分をマスキングして鉄道カラーNo.2 ぶどう色2号を塗った状態。
レタッチ前
さらに雨どい部分をMr.カラーNo.9 ゴールドで塗装した状態。
レタッチ前なのではみ出し、塗りそこないが目立つ。
レタッチ後
レタッチ終了の状態。窓枠塗装前のこの状態が実は一番きれいだったり。
尾灯を削ったあとがわかってしまうが、デカールを貼ったりクリアーコートをかけるので気にしない方向で。
窓枠を塗装
窓枠を塗装。われながらいつも窓枠塗装が下手でへこむ。ちなみに尾灯はガンダムマーカーのガンダムブラックで塗ってみた。
巷の本によれば、カラス口を使うとよいそうなので、今度買ってこようと思う。
デカール貼り込み
デカールを貼り込んだ状態。フィルムが厚手なのか、白っぽくなってしまう。
正面
クリアーコートを施して完成。
正面は非パンタ側にオリジナルの連結器を残し、パンタ側はカプラーにしてみた。澪つくし号の牽引をしたくなるところ。
側面
側面はこんな感じ。クリアーコートで白浮きは抑えられたが、密着の悪かったところに気泡が入ってしまった(悲)。
KitcheNの説明書通りに、デカール軟化剤を付けておいた方がよかったなと反省。
デキ3と一緒
ワールド工芸のデキ3と並んで一枚。
澪つくし号と
ワールド工芸の澪つくし号完成品を入手したので連結。現在では1001、1002や801が牽引しているようで、こういう組み合わせでは走っていない。仲ノ町駅の車庫ではこういう編成で休んでいることもあるようだし、まあいいことにしましょう。

by Natrium