Natrium's @lacoocan edition
DynaBookSS001 FAQ
SS001の箱
注意書き
このFAQはNatriumが個人的にまとめたものであり、内容について東芝などに問い合わせることはしないでください。
また、内容について十分な検討は行っておりますが、一切の保証は致しかねます。
改造などを行う場合は個人のリスクにおいて慎重に実行してください。

このコンテンツは1995年ごろに作成されたもので、記事にある内容はすでに相当古く、現在では書かれているパーツの入手は困難と思われます。あらかじめご了承ください。
1. 基本的なFAQ 2. 技術的なFAQ
DynaBookSS001って何?
東芝が世界に先駆けて発売したノート型のパソコンです。
発売当時、コンセプト(独自の日本語MS-DOSとATOK7をROMで搭載)、性能(80c86/10MHz)、価格(198,000円)、重量(2.7kg)などそれまでのラップトップ型パソコンにない特徴を持っていました。
現在では198,000円と言えばPentiumのカラーノートが買えるかもしれない値段ですが、当時は驚異的なコストパフォーマンスだったのです。
なみに、私は1990年に定価の約1/3で入手したのですが(^^;)

DynaBookの名前の由来は?
アラン・ケイが提唱した新しいパーソナルコンピューターのコンセプトがDynabookです。
DynaBookはこれを標榜するマシンとして設計されたのかも知れませんが、アラン・ケイのファンからは顰蹙を買っています(笑)

ホワイトモデルって何?
SS001には構成が同じで外装の色が白いモデル「SSW01」があります。
SSW01(1)SSW01(2) (1998/1/1追加)

FUJI XEROXモデルって何?
富士ゼロックスにOEM供給されていたSS001です。蓋とヒンジ、裏のシールに「FUJI XEROX」のロゴがあるほかは、東芝版と同じものです。
Xeroxモデル(1)Xeroxモデル(2)Xeroxモデル(3)
(1999/4/25追加)

SS001の液晶が暗くなってきたらどうする?
SS001の液晶は、バックライトの劣化とともに輝度が低下して行きます。しまいにはバックライトがついているのかどうか分からなくなってしまいますが(^^;)、そんなときには蓋を分解して、バックライトを交換する必要があります。
しかし、現実問題このバックライトを入手するのは現状ではかなり困難です。
保守部品として入手できるケースもあるようですが、ジャンクのSS001をもう一台手に入れて、そこから引っ張り出した方がいいかも(笑)

充電してもバッテリーがすぐ切れるようになってしまったら?
SS001のニッカドバッテリーは、何回も充電、放電を繰り返しているとどんどん性能が落ちて行き、しまいには充電してもほとんど使用できなくなったり、充電できなくなったりします。
こんなときには、まだ店頭で新しいバッテリーが手に入りますので、交換をお勧めします。

SS001のバッテリーパックはどこで手に入れられますか?
J31BPSS1J31BPSS1という型番で現在でも市販されていますLaoxザ・コンピューター館や石丸電器などで入手可能です。
J31BPSS2はSS001には取り付けられないセカンドバッテリですので、注意してください。

パッテリーパックをいちいち買い直すのが面倒なんですが
電気工作ができる人であれば、秋葉原の秋月電子で1,300円で売っているバッテリを買って来て、とりつける方法があります。
実際の工作については、J-3100SS001 バッテリー交換記を参照してください。 (1997/9/13追加)

パッテリーパックを交換しても電源が入らないんですが
内臓の図内蔵のバックアップバッテリーが死んでいる可能性が高いと思います。
チチブ電機で「SS001用補助バッテリー」として売っていますので、取り替えてみてください。 (1998/1/1追加)
補助バッテリー

FDDが動かなくなってしまったら?
SS001のFDDが動かない場合、たいていはFDDの中でディスクを回しているゴムベルトが劣化して緩んでしまい、カラ回りしている状態になっています。
したがって、このゴムベルトを交換してやれば直るのですが、問題はこのゴムベルト。
現時点で手に入ることが分かっているのは、秋葉原電気街(ガード下)にある川島無線電気とチチブ電機だけです。
パソコン用FDDベルトの角型で二つ折り10cmないし10.5cmのものがうまく収まるようです。
交換の方法については、J-3100SS001 FDD復活計画のページを参照してください。 (1997/5/5一部修正)

SS001のFDDの型番は?
FDDSS001には松下電器製のFDDが使われています。
型番...市販されていませんので、型番は分かりません(^^;)

SS001に使える増設メモリは?
かつてはいろいろな会社から市販されていましたが、現在ではアイオーデータのPIO-31SSシリーズだけかもしれません。
ただし、現在発売されているものでは、8MBのものは使用できず、1MB、2MBのもののみ使用できます。
詳しくは、FTOSHIBAのJ-3100 DynaBook メモリ対応表で確認してください。

SS001のメモリ増設の上限は何MB?
SS001の増設メモリカードは、一般的に1MBのものと2MBのものですので、本体の1.5MBと合わせて3.5MBまでです。
このうち、MS-DOSではコンベンショナルメモリとして640KBが占有されますので、残りの3MB弱はLIM-EMS3.2準拠のEMSメモリとして使用することになります。
EMSメモリに当てられる部分は、SETUPJ.COMによって、ハードRAMに割り当てることも出来ます。
増設メモリ
ただし、アイオーデータ製のPIO-31SS(4M/4ME/8MB/8ME)に限っては、このほか2MBないし6MBをバンクメモリとして使用することができます。このバンクメモリはEMSやハードRAMとしては使用できませんが、アイオーがバンクディスクとして使用するドライバを添付していますので、合計で最大9MB弱(4M/4MEは最大5MB弱)のRAMディスクが使用できるようになります(ドライブはC,Dの2つになります)。

なお、カードが赤色のものはSS001に対応していますが、緑色のものは同じ型番でもSS001に対応しておらず、バンクメモリドライバも添付されていません(カタログでの型番はG4M/G8Mになっていますが、カード本体にかかれているのはPIO-31SSだけで色以外で区別はつきません)ので、注意が必要です。
また、ジャンクで赤いものを見つけたとしても、現在バンクメモリドライバを新しく入手することは出来ません。運よくディスク付きの赤いメモリが見つかればいいわけですが(^^;)

by Natrium