Natrium's @lacoocan edition
DynaBook EZ486のFDDを交換する
このコンテンツは2001年ごろに作成したもので、記事にある内容はすでに相当古く、現在では書かれているパーツの入手は困難と思われます。あらかじめご了承ください。
EZ486
DynaBook EZ486は、EZシリーズの第二段として発売されたJ-3100系のPCで、CMには桜井幸子が登場していました。
本体のROMにDOS、一太郎dashとLotus 1-2-3を内蔵し、買ってすぐ使えるパソコンというコンセプトで、当時結構な台数売れたようです。
写真のマシンは発売当時に入手したもので、かなり使い込んだためFDDの読み書きに不調をきたしています。
そこで、今回新品のFDDを入手したこともあり、交換することにしました。
分解する
まず、分解をはじめるために、キーボード奥にあるバッテリーをはずし、その下に見える赤丸の部分のネジをはずします。
ネジを外す
次にマシンを裏返して、裏蓋から見える赤丸6ヶ所のネジをはずします。
EZ486はネジ個数が多いので、なくならないように注意してください。
また、場所によってネジの長さが異なるので、違う場所につけないよう注意が必要です。
裏蓋を外す
さて、これで終わりかと思ったらまだありました。
HDDパックを引き抜いた場所(赤丸)に2つのネジが隠れているので、これもはずします。
これでようやく裏蓋をはずすことが出ます。
中身
ちなみに、裏蓋中央にあるネジを取って、カバーをはずすとこんなものが見えます。
特に使い道はないようですが...
中身を外した状態
裏蓋をはずして中身を剥き出しにした状態です。
さきほどまでの写真と180度回転した状態で撮影してしまいましたが(^^;)
HDDパックははずした状態になっています。
これから、左下にあるFDDをはずして交換します。
FDD
交換前のFDD(右)と、交換用FDD(左)です。
交換用FDDは、たまたま秋葉原のOAシステムプラザ1号店で売られていたものです。
ちなみに東芝のStock No.は「28061596」、型番は「ZA1006P10」と記載されています。
シチズン製の3.5inch 3mode FDDです。
HDD
ついでにHDDの写真。
FDDを外す(1)
FDDをはずすには、FDD手前にある内蔵バッテリをどけて、赤丸のネジ2ヶ所をはずし、
FDDを外す(2)
反対側も2ヶ所のネジをはずします。
FDDのフラットケーブルを外す
最後に、FDDのフラットケーブルをはずして完了です。
逆の手順でFDDを装着し、ケースを閉めれば元通り。

by Natrium