Natrium's @lacoocan edition
AXのページ
「AXパソコン」というのはIBM-AT互換機で日本語表示が可能になるようにハードウェアを拡張した規格です。
詳しくは、AX - Wikipediaをご覧ください。
AX協議会はOII(オープンインターフェイス株式会社に事務局機能を引き継ぎましたが、現在特にAXに関する活動は行われていないようです。1992年には、事実上AXの歴史が終わったと考えてもよさそうですね。
AXパソコンの西暦2000年問題について
AX386V
今回のターゲット(笑)は、SHARPのAXマシン「AX386V」です。
形式名はなぜか「MZ-8504B」ですが、MZではないはずです。
オリジナルの仕様は80386SX/20MHz、RAM:2MBオンボード(最大15MB※8MBを超えるにはISAスロットのRAMカードが必要)、JEGA/VGA選択可能、HDD:100MBというところです。
VGAがオンボードで、JEGAはISAスロットのカードになっています。
筐体を開ける
背面にある、赤枠のネジ4か所を外して筐体を蓋を開けます。
背面のコネクタは右側からVGA、シリアル×2、パラレル、キーボードで、マウスポートはありません。パラレルの上に内蔵スピーカのボリュームスイッチがついています。
中身
筐体の蓋を開けて中を見たところ。
手前に見えるのがJEGAカードです。中央に3.5inchベイがひとつ空いています。
JEGAボード
JEGAボード側から中を覗いてみます。
JEGAカードから本体にケーブルがつながっていますが、ビデオの切り替えを制御する信号が行くようです。右側に見えるのは拡張メモリスロット、30pinSIMM用が6スロットあります。
JEGAボードを外したところ
JEGAボードを外したところ。
4スロットのライザーカードが見えます。
メモリスロットとCPU
メモリスロット側です。赤枠で囲ったのがCPU(80386SX)。
FDD
FDDを土台ごと外したところ。
FDDを外さないとHDDにアクセスできません。
HDD
HDDはConnerのCP30104Hでした。
ライザー固定留め具
ライザーを固定しているプラスチックの留め具。
外すのに結構苦労します(^^;)
電源コネクタ
電源コネクタ...って、AT互換機の電源コネクタとは形状が異なりますね。
電源コネクタを外したところ
ピン形状も異なるので、AT用の電源が使えません。
コネクタ部分
マザー上のコネクタは他に3つ、左からスピーカ、ボリューム、インジケータ用です。
マザーボード全景
ちょっとピンボケですが、マザーボードの全景。
ネジ位置が合わない
マザーをLPXなものに入れ換えてみたんですが、ネジの位置が合わないので筐体に固定できません(^^;)
I/Fが取れない
しかも、背面のスロット位置も合わないので、こちらも固定できません(T_T)
ライザーがずれている
そして、ライザー用のスロットが立つ場所が異なるため、拡張カードがライザーに届きません(^o^;)
この筐体をAT互換機にするには、かなりの改造(機械工作)が必要ですね。

by Natrium