Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 東上70号〜91号踏切 

東上70号踏切〜91号踏切

和光市

昭和22年(1947年)の空中写真を再掲。

和光市駅から志木駅までの間は、今のところ踏切番号を確認できる資料を見つけていない。
成増駅から志木駅までの間にあった踏切は60〜90号の31ヶ所。このうち1987年時点で廃止された12の踏切と、すでに廃止されていた19の踏切があったとされる。
そのうち、番号のわかっている和光市駅西側の67号まで8つを分類すると、前者が62(古美山橋)、63(谷中隧道)、64(義名山隧道)、65(中山隧道)、67(和光市駅西側)の5ヶ所、後者が60(白子変電所)、61(地福寺)、66(妙蓮寺通り)の3ヶ所と推測される。これに和光市駅西側ですでに廃止されていたと思われる68(本田開発)、69(広沢原清水線)を加えておく。

したがって、残る70〜90号踏切については、前者が7ヶ所、後者が14ヶ所ということになる。はたしてどこが踏切だったのか、地図と現地踏査から推測していく。

70〜73号

朝霞市に入ってからの昭和38年(1963年)の空中写真を見る。

ロールオーバーで昭和22年の空中写真に踏切の推測地を書き込んでみた。右下の市境が越戸川(こえどがわ)本流にあたり、写真中央を東西に流れているのは広沢の池を水源とする越戸川の支流である。

このあたりは東武東上線が築堤の上を走っており、道路は築堤の上まで上がって踏切で線路を超えていたが、昭和54年(1979年)の空中写真で確認すると、和光市側の2ヶ所はすでに廃止されていたようだ。

ちなみに写真左上の引込線はキャンプドレイク(旧陸軍被服廠)への貨物輸送線の跡。

このあたりの一帯は昭和61年(1986年)から平成18年(2006年)にかけて実施された広沢土地区画整理事業の領域にあたり、大幅に道路が改変されていて貨物輸送線の跡は残っていない。

越戸川

東上線が越戸川本流を越える場所にアンダーパスがある。(2013/1/16撮影)

踏切は、写真のアンダーパスよりも北側(写真右側)にあったようだ。連続立体化工事前に廃止されていたと思われる。

東70?(廃1)

西側から、かつて踏切があったであろう方向にアプローチする道路の跡と思われる場所を見る。(2013/9/7撮影)

この廃道を上ったところがかつての東上70号踏切跡と仮定しておく。線路の東側は複々線化工事で失われている。

東71?(廃2)

東上線が越戸川支流を越える場所から南に向かって上り坂となっており、その頂上部分がかつては踏切だったようだ。ここも連続立体化前に廃止されていたようだ。(2013/1/26撮影)

ここを東上71号踏切跡と仮定しておく。線路の東側は複々線化工事で失われている。

越戸川(広沢支流)の隧道

越戸川の支流、広沢の池から来る流れが東上線をくぐっているあたりにある歩行者専用の隧道。(2013/9/7撮影)

ここはもともと踏切ではなく、隧道であったようだ。

越戸隧道

掘割で東上線の下をくぐる越戸隧道。(2013/9/7撮影)

東上72号踏切は写真奥の方に道を上ったあたりにあったらしい。

原畑隧道

越戸隧道の北側で東上線をくぐる片道一車線の原畑隧道。(2013/9/7撮影)

東上73号踏切はここより少し北側、貨物輸送線が分岐していたあたりにあったらしい。

東73?(現1)

その場所がここ。(2013/9/7撮影)

なんということのない突き当りだが、地図などと照らし合わせてみた範囲では、左の白い壁のあたりが連続立体化工事まで現役だった東上73号踏切跡と仮定される。

昭和23年

昭和23年(1948年)米軍撮影の空中写真(国土地理院ではこう表記している)より。

朝霞駅の北側にある現在の朝霞陸橋の位置から北へ、踏切が4ヶ所ないし5ヶ所あるように見える。

朝霞陸橋

朝霞駅北側にあるなんとも独特な形の朝霞陸橋。昭和56年(1981年)完成のこの跨線橋がU字型で線路を越えるのは、駅前で周りに直線の橋を作るスペースがなかったためだという。

朝霞陸橋の完成前は、その取り付け部分に踏切があった。

ここからの写真は2013/8/31撮影。

東74?(現3)

朝霞駅東口と、朝霞陸橋の入り口。

ここを東上74号踏切跡と仮定しておく。

本町隧道(現4)

道路が野球盤の消える魔球(古)のように一気に線路の下をくぐる本町隧道。完成は連続立体化を前にした昭和58年(1983年)だったため、連続立体化で廃止された踏切にカウントされているものと思われる。

昭和48年(1973年)のゼンリン住宅地図には、ここが踏切として描かれているので、ここを東上75号踏切跡と仮定しておく。

東76?(廃3)

上の写真左側の側道を進むと、東西に線路を跨ごうとしている道が線路で分断されている場所がある。

昭和48年(1973年)のゼンリン住宅地図ではすでにここは踏切ではなく、東西方向は行き止まりの道だったようだ。昭和23年の空中写真では踏切として見えることから、ここを東上76号踏切と仮定しておく。

岡跨線橋(廃4)

本町隧道の北、東西から線路に向かって斜めに道路が進んできてクロスする場所にあるのが歩道橋の岡跨線橋。

ここを東上77号踏切跡として仮定しておく。連続立体化工事の時点ではすでに廃止されていた踏切にあたる。

 

踏切ではない?

岡跨線橋の北側に、地図上では一見線路を跨いでいるようにみえる場所がある。

実際に東側から行ってみると、道路は途中で農地のあぜ道になっており、線路の向こう側は駐車場で道路ではなかった。

ここは少なくとも正式な踏切ではなかったと推測する。

ジャンプ台?

さらにその北側、今度は西側から線路に近づいていくと、掘割になっている線路に突き当たるところでいきなり道が途切れている場所に出くわす。

かつては複々線化された線路の南側に道路があり、西側にある陸橋(諏訪原跨線橋)につながっていたようで、踏切があったわけではないらしい。

このさきは、東武東上線を越える陸橋が3つ続き、いずれも踏切ではない。

謎の階段

3つの陸橋(諏訪原跨線橋、朝霞橋、中道跨線橋)の先で、東武東上線は黒目川を渡るため築堤に移行する。

その築堤になる部分で道路が一か所アンダーパスしているのだが、その南側に廃道化された道路と、築堤を駆け上がる謎の階段があった。階段の先は線路になってしまい、古くはここに踏切があったのではと思わせる景色ではある。ただし、線路の東側は東洋大学に敷地になっており、取り付け部分となる道路は見つからない。

「明治前期・昭和前期 東京都市地図2(東京北部)」(柏書房、1996)の「志木 1932→1935) 1:25000」では、東側にある東圓寺から進んでくる道がここで線路を渡っているようにも見えるのだが、昭和23年の空中写真でもすでに東側の道路自体が見えず、確証は得られていないため現時点では踏切番号を振らないでおく。

この先は、東武東上線が黒目川を越える築堤が続き、しばらく踏切がない。

朝霞台周辺

昭和23年(1948年)米軍撮影の空中写真と、ロールオーバーで昭和50年(1975年)国土地理院撮影の空中写真を比較。

昭和49年(1974年)開業の朝霞台駅周辺は,、昭和48年(1973年)に武蔵野線が開通する前後に行われた北朝霞土地区画整理事業(昭和45年〜50年)で大幅に街路が変更されてしまっており、踏切があったころの面影をたどることは難しい。

踏切自体も、区画整理のころまでには写真左上端の東上84号(仮定)以外は廃止されていたようだ。

東78?(廃5)

朝霞台駅の上を越えている浜崎陸橋の池袋寄りにある突き当たって左に曲がっている道が、東上78号踏切跡と仮定される。

ここからの写真は2013/9/7撮影。

 

東79?(廃6)

北西側から東上線と武蔵野線の立体交差付近を見る。

武蔵野線の下あたりに東上79号踏切跡があったと仮定されるが、痕跡らしきものは全く残っていない。

東80?(廃7)

線路の向こうにスーパーマーケットを望むこのあたりが、東上80号踏切跡があったと仮定される。

ここも、痕跡らしきものは全く残っていない。

東81?(廃8)

北朝霞陸橋の下に、斜めに走っていた古い道が東上81号踏切跡と仮定される。

この旧道は踏切の南側ですぐに断ち切られてしまっており、東上80号踏切から来る道との交差点も失われている。

東82?(廃9)

写真左に見える北朝霞陸橋は、区画整理中の昭和47年(1972年)に完成しており、連続立体化のときには踏切はすでに廃止されていた。

陸橋の志木寄りにあるこの道が、かつての東上82号踏切跡と仮定しておく。

東83?(廃10)

朝霞市朝志ヶ丘、かつてこのあたりには東上線を挟むように「ハケの山」と呼ばれた雑木林が広がっていた。

現在では東側が団地とマンションの敷地になってしまい面影はずいぶん失われているが、その東寄りで線路に向かっている細い路地が東上83号踏切跡と仮定される。

境界標 上の写真で奥に見える電柱の下に、「東武」の刻印がある境界標が埋め込まれていた。
東84?(現5)

そのすぐ志木寄りには、平地にいきなり穴を掘ったような隧道が東上線の下をくぐっている。

ここは連続立体化まで現役だった踏切で、これを東上84号踏切跡と仮定しておく。

ハケの山

同じ場所から線路の方を見る。西側にはまだ雑木林が残っている。

写真左端に写っているのは、線路の南側に残されている雑木林。

志木周辺

昭和36年(1961年)国土地理院撮影の空中写真より。

ハケの山西側から、志木駅を越えて現役の東上91号踏切までの区間。

東85?(現6)

現在では雑木林がなくなっているが、志木住宅公園東側にある行き止まりの道が東上85号踏切跡と仮定される。

この踏切は昭和59年(1984年)の空中写真でも残っており、連続立体化工事まで現役だったと思われる。

境界標その2 上の写真で左側の擁壁に埋め込まれているのがやはり「東武」の刻印がある境界標。
地下通路

志木住宅公園西側には、志木陸橋の手前に東上線をくぐる地下通路がある。

左側から来ている道は、かつての野火止用水の東側流路にあたり、地下通路の位置で東上線をくぐっていた。したがって、ここは踏切ではなかったと思われる。

この写真は2013/8/14撮影。

志木陸橋(廃11)

昭和49年(1974年)完成の志木陸橋あたりに、東上86号踏切跡があったと仮定される。

ただし、写真手前の左から来る路地は「明治前期・昭和前期 東京都市地図2(東京北部)」(柏書房、1996)の「志木 1932→1935) 1:25000」では線路の向こうに続いており、古くはこちらが踏切だった可能性もある。

ここからの写真は2013/9/7撮影。

構内踏切 志木駅の池袋方には現役で使われているらしい構内踏切があった。
東87?(現7)

志木駅西側にあるアンダーパスが連続立体化までは踏切だった。古くは、野火止用水の西側流路が線路を渡っていた場所にあたる。

ここを東上87号踏切跡と仮定しておく。

東88?(廃12)

上の写真左側の側道に入ってみると、すぐに左へ分岐する道があって、その突き当りがかつては踏切だった。写真では見えないが、線路の向こう側にも道が続いている。

ここを東上88号踏切跡と仮定しておく。

踏切

線路北側から見ると、なんと踏切が!

とはいえ、これは写真右側(柳瀬川寄り)にある引上げ線用の構内踏切で、一般の通行は出来ない。

東89?(廃13)

南側に戻り、突き当りを左に進むと、マンションの敷地に行き当たってしまう。

いったん戻って次の路地を線路に向かうと、引上げ線にいる車両に阻まれて向こうが見えないが、いかにも踏切跡らしい行き止まりが現れる。

ここを東上89号踏切跡と仮定しておく。

北側 線路の北側に回ってみると、こちらにもいかにもそれらしい突き当りがある。
旧道

線路南側から東上90号踏切跡へ向かっていたはずの旧道を進むが、埼玉県道113号線(川越・新座線)に阻まれてしまう。

県道の西側は区画整理されたらしく、痕跡は残っていない。

東90(廃14)

北側からアプローチしてみると、児童公園の脇を抜ける路地の奥が行き止まりになっており、ここが東上90号踏切跡と考えられる。

ここはすぐ西側に現役の踏切があり、踏切番号は間違いないだろう。

東91

そしてここからは現役の踏切が残る東上91号踏切。

いきなり狭くなっているが、これでも車両通行止めではない(大型車は通行禁止)。

踏切名

いやあ。お久しぶり。

これで、連続立体化部分の廃踏切を辿る小さな旅も終わりとなる。

by Natrium