Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 東上50号〜57号踏切 

東上50号踏切〜57号踏切


大きな地図で見る
現在の地図。都道446号線(松月院通り)以外には大きな道と交差していない。
地図その1

ねりまっぷで昭和22年(1947年)の空中写真を見る。

写真右上に見える松月院通りの東側に、廃止された東上55号踏切が見える。その東側にも踏切があったようだ。

東50

下赤塚駅西側の東上50号踏切。

このページの写真はいずれも2011/11/13撮影。

鎌倉古道

東上50号踏切から川越街道に出たところ、東京メトロの地下鉄赤塚駅入り口にある「鎌倉古道」の標柱。

鎌倉古道(鎌倉街道の中道のひとつ)は鎌倉からここへ来て、東上50号踏切を越えて北へ進み、現在の新大宮バイパス笹目橋の東側にあった「早瀬の渡し」に向かっていたのだそうだ。

東51 さて、その鎌倉古道を逸れ、西に向かう細い道を進むと、右手に東上51号踏切が現れる。
東52+53

さらに西へ向かうと線路に沿って東上52号踏切と東上53号踏切が並んでいる(写真手前が52、奥が53)。

細い道は東上53号踏切で東上線を渡り、松月院通りと交差する六道の辻交差点へ向かって行く。

東54 線路脇に廃屋らしきものがある東上54号踏切。
東54.5?

昭和22年の空中写真では踏切に見えるのがここ。

いかにもな行き止まりと線路向こうの道が踏切跡であることを想像させる。

線路敷?

上の写真では突き当りに見えるが、実は左に道がある。

進んでいく先には、かつての東上55号踏切、現在は下赤塚歩道橋が見える。

東55跡 下赤塚歩道橋になっている東上55号踏切跡。
地図その2

昭和38年の空中写真

東上57号踏切は、現在成増駅東側にあるアンダーパスよりも駅寄りにある。

東56

松月院通りを挟んで西側にある東上56号踏切は車両通行止め。

松月院通りが完成する前は、結構大きな踏切だったのではないだろうか。

アンダーパス

成増駅東側のアンダーパスと、歩行者用の成増東地下歩道。

アンダーパスは昭和40年代にはできていたようだが、歩道が出来たのは1996年なので、まだ15年しかたっていない。

東57 アンダーパスから成増駅方向へ上って行く坂の頂点あたりに、かつては東上57号踏切があったはずだ。
南側 南側から見ると坂を上る途中、線路と同じ高さになる場所があり、ここが踏切になっていたと思われる。
廃構内踏切 成増駅東側の構内踏切は、すでに使用されていないように見える。
遮断棒?

北側には遮断機ならぬ、スライド式の遮断棒が残っている。

開け閉めで手を挟んだりしなかったのだろうか…

構内踏切(現役) 西側にも構内踏切があるが、こちらは詰所があって現役で使われているようだ。

by Natrium