Natrium's @lacoocan edition
東上30号〜40号踏切

大きな地図で見る
現在の地図。
東30〜34
ねりまっぷで昭和22年(1947年)の空中写真を見る。
画面中央から左下に向かって曲がっていくのは戦時中の昭和18年(1943年)に東京第一陸軍造兵廠練馬倉庫(現在の陸上自衛隊練馬駐屯地)まで敷設され、戦後にグラントハイツ(現在の光が丘)へ向かって行く啓志線だ。
東30
上板橋駅西側の東上30号踏切。
このページの写真はすべて2011/11/5撮影。
啓志線分岐へ
東上30号踏切から西側を見る。
啓志線は、写真中央にある手前側のマンション右側を巻いて、左方向へ分岐していたようだ。
東31跡
第一上板橋サンライトマンションA棟(左)とB棟(右)の間にある路地が東上31号踏切跡と思われる。
啓志線はこのあたりで東上本線から分岐していたはずだ。ロールオーバーで表示される黄色の部分が推定される啓志線の線路部分。
上板富士公園
サンライトマンションA棟の西側にあるのが上板富士公園。
左の道路がかつての啓志線との境で、道路の左側に啓志線が通っていたようだ。
啓志線はこの先住宅地に飲み込まれてしまい、追跡が難しくなる。昭和34年(1959年)に廃止されてしまったが、残しておけば池袋から光が丘へ行く通勤路線として活用できたかもしれず、少し残念ではある。もっとも地元の人々にとっては強制収容された土地だったのか、廃止後すぐに線路跡は消えていったようだ。
東32跡
マンションと上板富士公園の間の道を線路に向かい左にまがるところが、おそらくは東上32号踏切跡と思われる。
東33
そのすぐ西側、線路を斜めに横断する東上33号踏切。
東34?
さらにすぐ西側に東上34号踏切があったはずだが、南北に通っていた道路も含め、まったく痕跡が残っていない。
空中写真との比較では写真のあたりなのだが、自転車置き場になってしまっていた。
東35〜39
昭和22年の東上35号踏切から39号踏切
写真右端には、現在環状八号線が通っている。
東35
環状八号線に向かう東上35号踏切。
東36?
その西側にあるはずの東上36号踏切の位置はよくわからない。
空中写真との位置関係では、印刷会社のあるあたりなのだが、ここも痕跡は全く残っていない。
東37
環八を超えたところにある微妙なサイズの東上37号踏切。北向き一方通行だが、近辺の道路が整備されていっているのに取り残されている感じだ。
東38
東武練馬駅東側にある東上38号踏切は南向き一方通行。37号よりもさらに微妙なサイズ。
この踏切だけ警標の塗り分けが異なっている。
東39跡
東武練馬駅のホーム延伸で分断された東上39号踏切跡。北側にも同じ場所に路地がある。
谷
線路の北側、東上39号踏切跡のすぐ西は、いきなり深い谷になっている。
この谷にはかつて新河岸川にそそぐ前谷津川(現在は暗渠)の支流があったという。
富士塚
線路の南側、東上39号踏切を少し東へ戻ったところ、旧川越街道沿いに浅間神社がある。
この神社、境内に江戸自体に信仰を集めた富士講のシンボルである富士塚がきれいな形で残っている。高さ5mと小ぶりだが、合目石や石像がそろっていて、富士塚らしい富士塚といえる。
東40
東武練馬駅西側の東上40号踏切。
駅舎が南北に分かれており、その間を構内踏切がつないでいる。ホームをかさ上げした跡が残っていて、踏切に近い部分は相当昔の作りなのだろう。

by Natrium