Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 鷺ノ宮1号〜6号踏切 

鷺ノ宮1号踏切〜6号踏切


大きな地図で見る
現在の地図。
昭和22年

ねりまっぷで昭和22年の空中写真を見る(練馬区ではないが)。

写真中央に写っているのは廃止された西鷺宮駅。構内踏切もあったようだ。

西鷺宮駅は昭和17年(1942年)開業だが、2年後の昭和19年(1944年)には閉鎖されており、昭和28年(1953年)に正式廃止された。近隣の学校への輸送を目的に開業したようだが、学校が移転してしまい、両側の鷺ノ宮駅、下井草駅とも近いことから廃止されたようだ。

地図

昭和33年(1958年)地理調査所発行1:10000「荻窪」。

西鷺宮駅はすでに地図には描かれていない。その両脇を挟む鷺宮3号、4号踏切の先に、現在はない踏切が描かれており、昭和22年の空中写真と位置も同じだ。

サギ1

鷺ノ宮駅前にあるサギ1こと鷺ノ宮1号踏切。

中杉通りが妙正寺川にかかる八幡橋を渡る場所にあり、近隣に多い開かずの踏切でも特に有名な場所。

このページの写真は特に断りがなければ2011/9/10撮影。

サギ2

東京都住宅供給公社 鷺宮西住宅へ北側から入る道の行きついた場所が鷺ノ宮2号踏切。

線路が築堤状になっているため、踏切に向かって南北いずれも上り坂になっており、車両通行止め。

怪しい路地

2号踏切の西側、昭和33年の地図にある消えた踏切を探しに行く。

すると、南側の道から線路に向かって伸びる怪しい路地、いや隙間が…

誰の所有地かもわからないこの微妙さが謎だが、線路まで道が通じてはいなかった(入って確かめたわけではない)。ここから3枚は2011/9/11撮影。

道?

そのまた西隣に、今度はすこしまともな道が出現。私道のようだが、練馬区の境界標があったので公道のようだ。

線路にぶつかる部分には仮設の工事事務所があり、その部分だけ私有地になっていたので、この道も線路まで通じてはいない。

しかし、北側につながる道があることから考えて、おそらくここがかつての踏切跡だろう。

北側

北側に回ってみる。線路で行き止まりになっており、踏切らしい痕跡は見られない。

線路の向こうに仮設事務所が少し見えている。

サギ3 鷺ノ宮3号踏切。線路の向こうにあるのは西武鉄道の鷺宮変電所で、かつては西鷺宮駅舎があったとされる場所。
西鷺宮駅跡

線路の左右に緑色に見える盛り土部分が西鷺宮駅ホームだったところ。現役だったのがわずか2年だったにしては、よく痕跡が残っていると言える。

その手前、バラストが白くなっているあたりに構内踏切があったと思われる。

サギ4

西鷺宮駅の西側、狭い道に標識が乱立する鷺ノ宮4号踏切。

西武池袋線の池袋6号踏切同様、線路の南北に道路がヘの字型に付いていて、踏切道と合わせてエの字(というか逆向きの矢印)になっている。

下りホーム跡

鷺ノ宮4号踏切からの方が西鷺宮駅のホーム跡がよく見える。

下りホーム跡はかなりの高さ。

上りホーム跡 上りホーム跡は空間があるだけで、あまりそれらしい痕跡は残っていない。
サギ4.5?

鷺ノ宮4号踏切から西へ向かい、鷺ノ宮5号踏切に出る前の公園の脇にある突き当りの道。

昭和33年の地図ではここが踏切だったようだ。

南側 南側。マンションの裏口への通路になっている場所だが、無用に線路に向かって突き当たっていて、いかにも踏切だった風情を漂わせている。
サギ5 鷺ノ宮5号踏切は鉄道模型にもありそうなごくありふれた踏切。
サギ6 一方、下井草駅東側の鷺ノ宮6号踏切は車両通行止め。

by Natrium