Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 野方1号〜6号踏切 

野方1号踏切〜6号踏切


大きな地図で見る
現在の地図。
昭和22年

ねりまっぷで昭和22年の空中写真を見る(練馬区ではないが)。

現在は残っていない野方2号踏切と、都立家政駅構内になってしまっている場所に2ヶ所の踏切らしきものが見える。

野方駅

2010/11に供用開始された南口。最近の西武鉄道では標準的なタイプの駅舎になっている。

このページの写真はいずれも2011/9/25撮影。

野1 踏切の幅のわりに車道が狭い野方1号踏切。北向きの一方通行になっている。
野2 野方1号踏切の西側、線路に斜めに向かっている路地の突き当りに野方2号踏切があったと思われる。
南側 南側から見る。踏切らしき痕跡は残っていない。
野3 野方3号踏切は南向きの一方通行。
野4 南向き一方通行で線路を斜めに渡る野方4号踏切。北側に庚申塔があり、ここが古い道筋であることが分かる。
野5 野方5号踏切は北向き一方通行。
踏切ではない? 野方5号踏切の西側、南から線路につきあたる道がある。
野6 野方〜都立家政間では唯一双方向通れる野方6号踏切。
ホーム端 都立家政駅東端にある路地。昭和22年の空中写真では、ここで線路を渡っていたように見える。
ホームに突き当たる そして、都立家政駅ホームに突き当たっている路地。ここも昭和22年の時点では踏切だったと思われる。

by Natrium