Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 中井1号〜8号踏切 

中井1号踏切〜8号踏切


大きな地図で見る

現在の地図。

妙正寺川を挟んで東が新宿区、西が中野区になる。

空中写真その1

ねりまっぷで昭和22年の空中写真を見る(練馬区ではないが)。

まずは中井駅から妙正寺川を渡るまでの東側。

地図その1

昭和34年(1959年)地理調査所発行1:10000「新井」。

3号踏切はすでに廃止されて現存しない。その東側に地図ではわからないが踏切らしきアプローチが残っている。

中井駅

中井駅。駅舎の位置は昭和のころから変わっていないようだが、駅のホームは西側に伸びて行っている。駅舎の後方には、駅を跨いでいる山手通りの陸橋が見える。

このページの写真はいずれも2012/4/21撮影。

アプローチ

さて、一見なんの変哲もない昭和風味の商店街。実は表具店と民家の間に、駅へ向かう道があった。

小路 昭和22年の空中写真では、この小路が駅西側の踏切につながっていたように見える。
突き当り

進んでいくと駅ホームにぶつかって行き止まりになっていた。道路の右側でホームの壁の様子が変わっており、かつてはここで線路を渡っていたのかもしれない。

道路は左に折れているが、すぐにマンションの敷地内に入ってしまい。ここから駅へは行くことが出来ない。

中1

駅西側の中井1号踏切。上り線は踏切ギリギリまで伸びてきている。

中2 北側の側道を進むと中井2号踏切にたどり着く。
踏切跡?

2号踏切西側にあるいかにも踏切っぽい小路。

線路を跨いだ向こうにも道は続いており、踏切として使われていた可能性は高そうだ。

細道 西側の落合公園からつながる細い道が中井4号踏切へ向かう道と交差した先。このひょろひょろと細い道が中井3号踏切跡へ向かっている。
クランク

なんとも怪しいクランク。

写真奥で細道は線路にぶつかっており、そこが中井3号踏切だったようだ。

北側 北側から中井3号踏切跡を見る。
中4 こちらも昭和レトロな中井4号踏切。踏切脇には理容室が営業中だが、左のベーカリーはコインランドリーになってしまっていた。
謎看板 踏切脇にあった、何を何ないで下さいなのか全く分からない看板。
踏切?

謎の看板のすぐ西側に、線路向こうに突き当たりの道が見える場所がある。

一見、踏切跡のようではあるが、地図や空中写真でも確認はできない。

さらに西側、落合公園の脇にも突き当りの道はあり、そこも踏切だった可能性がある。

七の坂 中井は坂の町。駅から妙正寺川までの間は北側が台地になっており、駅前の一の坂から川沿いの八の坂までずらりと坂が続いている。
空中写真その2 後半部分、西側の空中写真。
地図その2 西側の地図。現在はない踏切が描かれている。
中5

新井薬師前に向かって線路が坂を駆け上る途中にある中井5号踏切。

踏切部分だけが極端に盛り上がった構造になっている。

上り坂

踏切から新井薬師前方向を見る。

西武新宿線の連続立体交差事業では、ここから新宿線が地下へもぐる計画。

中6

すぐ西隣の路地がかつて中井6号踏切だったと思われる場所。

突き当りにしては妙に幅広い道になっている。

隙間

中井6号踏切跡から北側の坂を上っていくと、途中で民家の間にある妙な隙間に出会う。

どうやら、ここもかつては踏切だったようだ。

南側 線路の南側には、隙間へ向かって細い道がくねくねと進んでいた。
中7 享保4年(1719年)の庚申塔が残る中井7号踏切。
中8 現在は新井薬師前駅を跨ぐ歩道橋になっているここは、昭和34年の地図では踏切として描かれており、中井8号踏切の跡であったと思われる。

by Natrium