Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 上井草1号〜3号踏切 

上井草1号踏切〜3号踏切


大きな地図で見る
現在の地図。
昭和22年

ねりまっぷで昭和22年の空中写真を見る。

千川通りが西武池袋線を渡る場所が、現在と異なっている。

地図

昭和33年(1958年)地理調査所発行1:10000「荻窪」(右側)と同「吉祥寺」(左側)。

千川通りが上の空中写真同様異なる位置にあり、その西側にも踏切があるようだ。

上井1

駅西側の上井草1号踏切。北へ向かう一方通行になっている。

ホームが道路にはみ出しているように見えるのは気のせいではない。

このページの写真はいずれも2011/9/17撮影。

上りホーム

上井草駅は両側を踏切に挟まれていて、8両編成は踏切ギリギリに停車する。そのため、踏切から見て上りホームはまさしく触れる位置にある。

さすがにここから駅に進入してしまう人はいなそうだが。

停車 上り電車が停車するとこの通り。道路にはみ出した部分のホームが必要なことが分かる。
上井2

写真左側の踏切が現役の上井草2号踏切。

千川通りは線路南側を西から直進してきて、踏切に向かって左折するのだが、直進方向に使われていない道が残されている。

これが旧上井草2号踏切へ向かう旧道だ。

旧道

旧道入口。

昭和30年代半ばまでは、こちらが上井草2号踏切へ向かう道だったはずだ。

※道路反対側から望遠で撮影したものです。

行き止まり

旧道末端部へ。

すっかり草むらに覆われ、線路が見えない。しかし、この先が踏切だったはずだ。

千川通り

旧道側から千川通りを見る。

たしかにこちらの方が道はまっすぐ進んでいたのが分かる。

千川上水橋梁

上井草2号踏切を渡って北側から、千川上水橋梁の向こうに旧踏切を見る。

踏切信号の向こうに見える草むらがさきほどの旧道末端部。

上井2.5?

さて、その2号踏切の西側すぐのところにある路地。ここが昭和22年の空中写真では踏切だったと思われる場所。

突き当りは私道なのか、車庫に使われているようだ。南側も自動車工場の資材置き場になっていた。

上石神井車両基地 上井草2号踏切を南側から歩いていくと、上石神井車両基地がある。
上井3 車両基地の入口を右に曲がった先にあるのが現役で車両通行止めな上井草3号踏切。
線路横断注意

おまけは、上井草駅構内に残されていた古い標識。

いったいいつからここに置かれているのだろうか。

by Natrium