Natrium's@lacoocan(2011) 目次 > 廃踏切を探せ > 椎名町1号〜10号踏切 

椎名町1号踏切〜10号踏切


大きな地図で見る
現在の地図。
昭和34年

昭和34年(1959年)地理調査所発行1:10000「新井」。

椎名町〜東長崎間の踏切は1号から10号まで欠番もなく現存しているが、その間にいくつか踏切らしきものが見つかる。

椎名町駅

改装工事中の椎名町駅。新しい駅舎もかなり出来上がって来ている。

このページの写真はいずれも2011/7/30撮影。

ホーム ホーム西側は古レールの柱を使った上屋が残る。奥に見える跨線橋も新しい駅舎が出来れば解体されてしまうだろう。
行き止まり

駅南口から西に向かったところにある行き止まりの道。

北側に道はなく(商店街の中)、ここは踏切ではなかったようだ。

新目白銀座住宅

このあたりは関東大震災(大正12年、1923年)のあとに新興住宅地として開発された場所だそうで、こんな碑が置かれていた。

皇紀2600年は、昭和15年(1940年)。日中戦争のさなかの話だ。

踏切跡…ではない?

その石碑を背中にすると、線路に向かって突き当たって右に曲がる道が見える。

線路の向こうにも道があり、一見ここは踏切跡に見えるのだが。

ねりまっぷ

「地図情報ねりまっぷ」で昭和22年(1947年)の空中写真を見る。練馬区ではないが…

椎名町2号踏切と3号踏切の間、北側には道がなかったようだ。

椎3.5?

そして椎名町3号踏切の西側、長崎小学校正門から延びてくる道がここ。

こちらは昭和22年の空中写真では踏切だったように見える。

住居表示街区案内図

椎名町駅前にあった住居表示街区案内図(上の地図と南北が逆)。

踏切でないところまで線路を渡っているように描かれている。

椎名町6号踏切西側に、もうひとつ線路を渡っている場所があるが、ここも後日再訪してみたい。

踏切…ではなさそう

2011/8/6に訪問したその場所は、うっそうと草木が生い茂る空き地だった。

南側は私道になっており、ここが踏切だった可能性は低そうだ。

by Natrium