Natrium's @lacoocan edition
不定期日記 2017(日記というのか、これは?)
2017.7.18
今年も暑い盛りに百日紅が咲いた。
2017.7.1
すっかり時間が空いてしまったが、佐藤琢磨のINDY 500優勝について。フェルナンド・アロンソの参戦で事前の話題を持って行かれていた感はあったが、そのアロンソも含めて佐藤琢磨が所属するアンドレッティ・オートスポートが好調だったところから始まって、ホンダエンジンに不安を抱えながらのレース(アロンソはエンジントラブルでリタイア)での優勝は見事だった。優勝シーンでの佐藤琢磨と実況していた村田晴郎の二人しての絶叫が話題になってしまっているが、実況時はゴールシーンがカメラの切り替えでチーム側を写していて見えなていなかった(その後の放送ではゴールシーンの映像を拾っている)り、結構混乱もありつつ目が離せないレースだったことは間違いない。
日本人が優勝可能なマシンに乗って、セッティングが決まっているという条件を備えた上で、選手本人の技量と運、いろいろかみ合っての優勝、優勝するまでもすごかったが、優勝してからもすごかった。いままでは優勝した後は日本では追いかけていなかったところが、実際優勝するとこれだけメディアに取り上げられるのかという。日本ではインディーカーの注目度が低く(今やF1すら日本人ドライバーがいないこともあってたいして注目されていないが)、NHKと新聞各紙以外ではあまり取り上げたところがないように思うのがちょっと残念。もっとも、WECやMoto GP2で日本人が優勝しても報道すらされないのだから多少はマシなのかもしれない。
とにかく、佐藤琢磨にはおめでとうございます、と改めて賛辞を送っておきたい。モータースポーツファンとして、大きな感謝を送りたい。
ところで、その1週間前、5/22に自転車での事故で亡くなったニッキー・ヘイデンにも触れておきたい。去年の鈴鹿8耐でのリタイヤが印象に残っているが、鈴鹿に出たのは実は去年と2003年の2回だけ、2003年も1周目にリタイアしているので、鈴鹿8耐ではゴールを見ないまま終わってしまった(MotoGPでは加藤大二郎の事故死で最後の開催となっている2003年に7位に入っている)。
MotoGPで優勝3回(チャンピオン1回)、昨年から参戦していたスーパーバイクでは優勝1回と、印象が強いわりに優勝回数が少なく感じてしまうが、存在感の大きいライダーの一人だった。RIP。
2017.5.29
いや〜、すごかったね>INDY 500(ネタバレ回避w)
2017.5.21
マイクロエースから国鉄103系1000番台千代田線塗装の改良品がリリースされた。今日の一枚にも書いたが、千代田線仕様は2005/2以来なんと12年ぶりの再生産。その間に同じ130系1000番台の色違いなどは出ていたのだが、長らく売り切れたままになっていた製品だ。
個人的にはこの電車にはよく乗っていたこともあり、手に入れたいと思いつつも中古やオークションでは値段が高すぎて躊躇しているうちにようやく再生産されたという状況。Nゲージの車両は各社ともかつてにくらべ製品ラインナップの拡充が著しいが、ひとつの製品の生産数が少ない上に、売り切れてもなかなか再生産されない。個人的には、欲しい車両がどんどんリリースされるので、自作する必要がなくなってしまったというのが贅沢な悩みだったりするわけだが(苦笑)
2017.4.8
Coda2が2.6.1にバージョンアップ。エラーが出なくなったような気がする。
2017.4.1
MacOSを10.12.4にアップデートしたら、Coda2がエラーを出すようになった。一応動作はしているようだが…
2017.3.11
Huawei MateBook M32013/8からほぼ3年半ぶりにタブレットPCを買い替えた。ふと気がついたら10インチ画面が狭いなと思ったのがきっかけなのだが、選んだのは去年発売されていたHuawei MateBook M3(ゴールド)。12インチで2160✕1440ドットなので、前のICONIA W510の1366✕768ドットと比べると広くて細かい。もっとも、Surface Pro4やiPad Proほどではない。まあそこは値段がずいぶん違うのでよしとしたいところ。横長画面が多いノートPCよりも、アスペクト比が3:2(MateBookやSurface)や4:3(iPad Pro)の方が使いやすいと思っているだがどうだろう。まあ、細長い画面が好きでないというのもあるだろう。
ところで、W510で付属キーボードを買わなかったことは悔やまれるので、今回はキーボードカバーも入手。本体に取り付けるタイプではないので付け外しが簡単でいいが、スタンド側が本体背面に磁石で吸い付く仕様のため、あまりがっしりした感じにならない。画面がグラグラするほどではないが、この手のタブレットでは仕方がないか。あとやっぱりタッチパッドは使いにくねえ。スタイラスペンがきたら主にタブレットモードで使うかもしれない。
2017.3.6
お台場ガンダム3/5で展示が終了したお台場の実物大ガンダム。跡地にはユニコーンガンダムが立つらしい。
2017.2.13
昨日コンデジの市場が狭まっているという話を書いたばかりだが、NIKONがプレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」の販売中止を決めたという。(NIKONのリリース
もう、次の機種に買い替えを検討する頃には、コンデジは絶滅しているのかもしれませんねえ…
2017.2.12
月2011/5以来5年7ヶ月ぶりにコンパクトデジタルカメラを買い換えた。前回のNIKON COOLPIX S5100から、CANON PowerShot SX620HSへ。ミラーレス一眼とスマートフォンの隙間にあって市場が狭まっているコンデジではあるが、動き回るものを撮るのでなければ、望遠機能はスマートフォンよりも使いやすいし、接写は一眼より手軽だと思うのだ。旅行に持って行くにしても、写真を撮るときにどうしても構えにくさを感じてしまうスマートフォンよりも、コンデジの方が便利だと思っている。
で、せっかくなのでその望遠機能を使って月を撮って見た。三脚を使っていない手取りなのでかなりブレているのだが、それでも右下にティコ・クレーターとその光条がしっかり分かるくらいには撮れている。
2017.2.7
このところ頻発していたWebサイトの改ざん騒ぎは、どうやらWordPress 4.7.0と4.7.1の脆弱性によるものだったようだ。
WordPress の脆弱性対策について(情報処理推進機構)
個人的には使用していないが、日本ではそこそこサイト管理(CMS)に使われているので被害が拡大したのだろう。4.7.1もセキュリティリリースだったのだが、すでに最新の4.7.2がリリースされているので、使っている人は早くアップデートすべき。
2017.2.5
というわけで(何がだ)、メインで使っているメールアドレスを変更することにした。あっちこっちに登録があるので、変更方法も様々だったが中には2008年で消えたはずのアドレスが登録されたままになっているものがあったり、たまには棚卸しも必要だと思った次第。旧アドレスもまだ消したわけではないが、すくなくともSPAMが登録したサイト由来なのかどうかの区別は出来るだろう。
2017.1.31
家電量販店のノジマが、富士通からニフティのコンシュマー向け事業(ISPとWebサービス)を買収することになったという発表があった。実際には、富士通が100%子会社のニフティを分割して、分割した(新)ニフティの株式をノジマに譲渡(売却)するということのようだ。
今このサイトもニフティのサービス上にあるわけだが、おそらくはそのままノジマに譲渡される方にくっついていくのだろう。前身のエヌ・アイ・エフが設立されたのが1986年だから去年で30年、パソコン通信のNIFTY-Serveのサービス開始から今年で30年。ニフティ歴ももうすぐ27年になろうとしているが、そろそろプロバイダの乗り換えを検討する時期が来ているなという気もするのだ。その前に、個人のメールアドレスをそろそろ変更した方がいい気もする。
2017.1.27
5177F東急東横線を走る5050系では3年ぶりの新車になる5177Fに出会ったので、ひと気がなくなったところで車内を撮影。ドア脇の座席にヘッドレストが付いているのだが、これがなかなか心地よい。
もっともこの編成、鉄道ファンの間では先頭車にスノープラウ(除雪板)が付いている方が話題になっているらしいですな。
2017.1.10
平成が終わるのか終わらないのかという話も気にはなるのだが、インディーカーの冠スポンサーもしているVerizonに事業を売却した(まだ完了したという発表はないが)米国Yahoo!が社名を変更することが確認されたというニュースが入ってきた。Verizonに売却しなかった阿里巴巴集団と日本のヤフー株式会社の株式を保有する投資会社として存続する旧Yahoo!の社名を変更するということが、アメリカ証券取引委員会(SEC)の報告書で判明したようだ。
Googleが普及する以前はインターネット検索サイトの代表格といえた「Yahoo!」の名前だが、すでに自社の検索エンジンもなく、日本でソフトバンクにより生きながらえるほかは消えゆく運命にあるということか。それにしても、Verizonで統合される方は相手がしぶとく生き残っていたAOLだというのが、これまた懐かしい名前が出てきたなと。AOLもすっかり事業内容が変わってしまっているという話ではあるが。
2017.1.9
2017年もすでに二週目、正直取り立てて日記に書くほどのネタがないまま過ぎているような気がする。身近に大きな事件も事故もないことは幸いなのだろう。
東京外郭環状道路の大泉JCT工事が随分と進んできているが、前原交差点の南側が一向に用地買収されていく気配がないと思ったら、大深度地下トンネル部分にあたるので用地買収はしなくてよいようだ。氷川橋から前原交差点までが地下トンネルに降りる部分で用地買収が行われ、そこから南側の大深度へ潜っていく部分は区分地上権の取得で済ませるという。
このあたりは用地買収と区分地上権の取得が合わせて98%まで終了しているそうだが、一方で青梅街道北側のエリアではまだ12%、もともと反対運動も根強いようでそう簡単には進まないような気がする。
個人的には、完成した暁には利用することはおそらく間違いないので建設反対に回ることはできないが、さりとて建設が進むにつれ近所の見慣れた家並みが消えていくところを見ると歓迎一方とは行かない複雑な気持ちになるのが正直なところ。
西武池袋線の連続立体化と違って、元々は何もないところに大きな道路を作っていくわけで、便利さの陰には去っていく人々の気持ちもあるのだということは忘れないようにしておきたいと思う。

by Natrium