Natrium's @lacoocan edition
不定期日記 2018(日記というのか、これは?)
2018.7.14
百日紅今年も咲いた百日紅。
2018.6.30
このところ暇がなかったのでようやくQNAPの設定に着手。デフォルトではシックボリュームが1.4TBで残りがスナップショット領域と空き領域になっていたのだが、データ移動元のLS420D0602と容量を合わせるため空き領域を全部シックボリュームに割り当てて2.7TBとしてみた。スナップショット領域が不足する可能性もあるが、実使用容量はまだ0.7GB程度でスナップショット領域を同じくらいなので、初回を除けば問題ないだろう。
2018.6.23
光回線を10GBにアップグレードしたよ。合わせてネットワーク関連もアップグレード。
 メーカー型番
PC用10GB NICASUSXG-C100C
Mac mini用AkitioThunder2 10G Network Adapter
NASQNAPTS-253Be
NAS用NICQNAPQXG-10G1T
HDDWestern DigitalWD Red WD40EFRX-RT2 (4TB)×2
4ポートHUBNETGEARXS505M
という無駄に豪華構成。ゆうにPC 1台分以上のコストがかかってしまった。QNAPのNASはまだセットアップが終わっていないのでアレだが、最終的には上りの高速化をVPNで使ってみたいところ。
2018.6.18
ル・マン24時間耐久レースを見てから寝て翌朝、大阪で大きな地震。震源のあたりは上町(うえまち)断層帯、生駒断層帯、有馬・高槻断層帯など複数の断層帯が南北、東西に走る地域で、慶長伏見大地震の震源域にあたるそうだ。被害は淀川の北側に集中しているように見える。
千葉、群馬と来て大阪と、連続して地震があったが、地域的にはまったく関係がないという。しかし、今回の大阪に関しては周辺の断層でさらに地震が誘発される恐れもあるとのことだが、熊本のように後からより大きな地震が来ないことを祈るしかない。大阪で仕事をする機会もあるので、決して他人事ではない。お亡くなりになった方もいるようで、ご冥福をお祈りしたい。
2018.6.12
昨日スマートフォンの機種変更をしてきた。今回はXperia Z5からAQUOS R2へ。Xperia XZ2という選択肢もあったのだが、実物を持ってみたら重かった。わずか17gの差だが、10%近い重量差があるのは大きかった。R2はワイヤレス充電が出来ないのが残念だが、個人的にはそれくらいであればということになった。
2018.6.10
東芝のPC事業(東芝クライアントソリューション=TCS及び関係会社)をシャープが買収すると発表した件について。TCS株式の80.1%をシャープへ譲渡して連結対象から外すということのようだが、Dynabookブランドなどは東芝からTCSへ使用許諾されることで継続使用ということになるらしい。
PC事業はLenovoがThinkPad、Lavie、FMVのブランドを維持したまま次々と傘下に統合して行っているが、Dynabookはそちらとは異なる道を歩むことになる。いずれにせよ、「東芝のPC」であった時代は終わるということではあるのだ。
2018.5.5
センタリングの件はさておき、iPadでのバランスの問題を確認したくてiPad mini4(スペースグレイ WiFi + Cellular)の中古を買ってきた。で、確認してみたところSafariとそれ以外のブラウザで挙動が違うという(困)
Safariでは、そもそもcssによるテキストのオーバーラップが聞いていない状態。Mac miniのSafariでレスポンシブルモードを使って確認したときは意図したように表示されているのだが、実機で表示が異なるのはなぜだろう。iOSバージョンの問題かとも思ったがiOS10.3のiPhoneでも縦画面では同じ現象なので、cssに問題があるのだろうと思われる。
それ以外のブラウザでは意図した通りの表示になりRatina対応は出来ているが、どうやら縦方向は100vhの方が正しい表示になるようだ。iPhoneについても改めて確認しておく必要が…
ところで、買ってきた中古のiPad mini4はSIMフリーモデルで、比較的状態がよかったので格安SIMカードを買い足して日常遣いにしてみることにした。
2018.4.1
縦長画面での写真のセンタリング、背景にしないでもmargin: -50%で行けるのがわかったが、この設定のままだと高さがないときのセンタリングと切り替わらないで写真が左に逃げてしまう。あとは@mediaの条件出しだけかもしれないので、試行錯誤してみるしかなさそうだ。
2018.3.25
iPhoneとiPad対応の続き、試行錯誤の結果、iPhoneの画面縦方向の表示位置修正はheigth: 93vhという微妙な数字でちょうどいいと思われる。一方、iPadはheight: 98vhというこれまた微妙な数字でちょうどいい。はたしてこれで汎用性があるかどうかは疑問(手元のiPhone 7 PlusとiPad Air2でしか確認できていない)だが、とりあえずこれでいったん完成とするしかないか。Safariのレスポンシブ・デザイン・モードでのシミュレーションはアドレスバーなどが表示されないので、完全には確認できないところが残念だ。
なお、iPhoneとiPadを見つけるために@media screen and (-webkit-min-device-pixel-ratio: 2)でRatinaを見つけているので、このあたりも汎用性については疑問が残っているところ。
あとは、縦長画面での写真の見えかたをなんとか出来ないか、あるいは写真を差し替えるかして完成としようかと思う。おっと、完成前にAndroidの横画面での文字バランスも見直しておきたい。
2018.3.21
iPhoneに関しては画面下寄りの表示位置の工夫と、横画面で文字が勝手に大きくなるのを避けるために-webkit-text-size-adjust: 100%;を復活させることで最初の表示はなんとかなったようだ。しかし、スクロールバーが出ていないのにスクロールできてしまうのはそういう仕様なのだろうか。調べてみたがiOS版Safariの仕様のようだ。当初のコンセプトからは外れてしまうが、javascriptを使って<body ontouchmove="event.preventDefault()">としてtouchmoveイベントを回避してみた。あとはiPadか…
2018.3.18
石神井公園駅高架化工事のページにおいてあるアクセスカウンターが100万を超えていた。今時カウンターなぞまったくはやらないが、なにしろ11年前からのコンテンツ、そのあたりはご容赦いただきたい。ただし、始めた当時もすでにカウンターは流行遅れではあったと思う(笑)
2018.2.19
Chromeに関してはChromeを再起動すればよいということで解決を見たが、iPadとiPhoneのSafariに関してはまだ挙動に謎がある。iPadではheight:100vhだとタブとアドレスバーの分を減算せず、画面が下にはみ出してしまうようだ。一方でheight:100%にすると正しい高さが返ってこない。タブのあるなしでも画面の高さが変わるので、これにも追随して欲しいわけだがどうしたものか。iPhoneの場合はメニューバーの下に回り込んでしまう部分が見えないという問題が出るので、表示位置の工夫が必要なようだ。
2018.2.11
Chromeの挙動不振だが、どうもChromeを再起動しないと安定しないらしい。なんだろうね。
2018.2.5
新サイトデザインの続き。なんだかChromeだけ挙動が違う。画像を100vhで表示させた時に、右側に見切れる部分をChromeだけは画面幅に含めて計算してしまうようだ。max-widthの計算がうまくできていないし、スクロールバーが勝手に表示されるのも想定外。
2018.2.4
アームGREEN HOUSEのパソコン用アームを使って、以前購入したASUS MB169B+をサブモニタとしてテーブルに取り付けてみた。メインモニタは縦にして使っているので、Webサイトの設計をするのに横長画面の設計が難しいかったのだ。これを使って縦横両方のサイズで一気にデザインが確認できるので便利。Mac miniで作業しながらWindows側の動作確認も出来る。
新サイトのデザイン作業がだいぶ捗ったが、Androidの縦画面まではいいとしてiPhoneでの表示とAndroidの横画面に難がある。Javascriptを使わないことに今の所こだわっているので、もう少し粘ってみようと思う。
2018.1.28
Photoshop CC 2018をアップデートしたら「 モニターのスケール比率が大きすぎる云々」という起動時のエラーメッセージが出るようになってしまった。EIZO EV2436Wを縦型にして使っているので、解像度は1200×1900になっているはずなのだが、どうしたものか。まあ、メッセージが出るだけでPhotoshopは使えるのだが。
2018.1.23
昨日から今朝にかけての大雪。東京都内では積雪23cmだったとされるが、練馬では30cmは積もっていたのではないだろうか。2014/2の大雪よりも気温が低いせいかサラサラした雪が積もっていて、スキー場にでも来たかのような状態になっていた。今週いっぱいは寒波ということなので、雪が溶けきるには時間がかかりそうだ。
何度来てもたかだか20〜30cmの雪で大混乱の東京だが、一方草津白根山(本白根山)の噴火には驚かされた。3000年間噴火していなくても火山は火山。日本では温泉などその恩恵も受けながら危険と隣り合わせで生活していることを意識させられる。
2018.1.4
昨日あたりから噂になっていたCPUの新たに発見された脆弱性について、Intelから「Intel製品固有の問題ではない」というコメントが発表された。(参考:Intelのリリース/英文
細かく言えば、2つ報告されている脆弱性のうち、Meltdownと呼ばれる問題はIntel固有、SpectreはAMDやARMのプロセッサも同様に攻撃されるという。(参考:Wiredの記事/英文
基本的にはOS側のセキュリティアップデートで対応する方向とされているので、ユーザーとしては対応を待っているしかないところだ。
2018.1.3
Firefoxでの表示不具合だが、縦スクロールの代わりをnameタグで実装したのが問題だったようで、スクロール位置がずれる(本来の位置よりも上にずれる)のはdivにidで飛び先の名前を書くことで解消できた。次はiOSとAndroid対応かな。
2018.1.2
去年の暮れからサイトデザインの変更(といってもトップページだけだが)を検討している。流行りのフルスクリーン風デザインをjavascriptなしで実装できないかと思って試行錯誤中。一応の形は出来ているのだが、ここでブラウザごとの互換性問題がやはり出てくるようだ。
大雑把に言えば、Firefox Quantum 57.0.3 (Mac / Windowsどちらも)とInternet Explorer 11.0.49ではデザイン崩れがあり、Sleipnir 6.2.9.4000 (Windows)では挙動そのものが不安定。あと、IEで特殊記号の実体参照が効かない文字が結構あったのに気が付いた。たとえば▽(&♯9661;)は"&xdtri;"で参照できない。Sleipnirはとりあえずバグもあるようなので後回しにするとして、FirefoxとIEはなんとかしたい。IEは対応していない機能を排除すればなんとかなるだろうが、Firefoxの方はcssの解釈が他のブラウザを違うのか、margin、paddingまわりの解釈違いかもしれない。
今回は保証期間が終わったOSに使われている古いブラウザは無視させていただくつもりではあるが、現役ブラウザにはできるだけ対応しておきたい。もう少し工夫してみよう。

by Natrium