Natrium's @lacoocan edition
善福寺川周辺の水路敷群(松庵川/大宮前大下水上流)その2
←前のページ
駐車場
北側の駐車場で、蓋暗渠は西向きに姿を見せる。
西
西側から蓋暗渠が伸びて来ている。ここも入って行くのは難しそうだ。その先で蓋暗渠は北に進路を変えているように見える。
神明通りから
北に回って神明通りから下流(南)方向を見る。蓋暗渠の奥は藪になっており、こちらからも入って行くのは難しそうだ。
側道
神明通りの西方向を見る。ここからしばらく、松庵川は神明通り南側に沿って側溝だった部分が側道となっており、駐車場などとして利用されているようだ。
橋と蓋暗渠
ところどころ、橋や蓋暗渠が残っており、かつては道路脇のいわゆる「ドブ」だったころの姿が思い起こされる。
教会と店舗跡
神明通り北側から、南側の水路敷を眺める。模型のストラクチャーによくある3つ並びの店舗だが、どうやらいずれも営業はしていないようだ。
郵便局
郵便局の先、宮前三丁目交差点で松庵川は神明通りと別れ、南へ。
下り
宮前三丁目交差点からは道路が下っており、水路のコース取りとしては違和感がある。現在マンションになっている敷地を通っていたのかもしれない。
車止めと蓋暗渠
とはいえ、そのまま進んで行くと、右(西)側に車止めのある蓋暗渠が見つかる。
舗装蓋
しかし、近づいてよくよく見てみると、蓋暗渠を上からアスファルト舗装してしまったようだ。
道路と蓋暗渠
舗装された蓋暗渠はすぐに向かい側の道路に出て、左(南)へ転進。塀に突き当たっているように見えるが、その先にも蓋暗渠は続いている。
続き
次の交差点で蓋暗渠は右(西)へ。
1ブロック
もはや読み取れないが、金太郎の車止めのある1ブロックだけの水路敷がそこにはあった。
その先は道路の南側に移って西へ続いている。
反対側
反対側も金太郎は消えてしまっていた。
側道
道路の南側に並走する形となった水路敷は、しばらくそのままの形で進んで行く。
ハート
途中、なぜか壁にハート型の生垣が…

by Natrium