Natrium's @lacoocan edition
善福寺川周辺の水路敷群(松庵川/大宮前大下水上流)その1
すぎナビ
すぎナビで今回のコース(環八神明通りから宮前中学校まで)を見る。
環八神明通りの西側、しばらく水路は通りに沿っていたとされるが、通りから逸れるポイントはすでに痕跡がなく、その後もしばらくはほとんどの場所で水路をたどることが出来ない。
松庵川こと大宮前大下水は、神明通り(新田街道、北街道)南側の大宮前新田の短冊状の土地割りの中を流れていたらしい。
環八神明通り交差点
環八神明通りを下流(東)側から見る。
ここからの写真は2017/10/9撮影。
神明通り
交差点の西側では、おそらく歩道部分に水路があったものと思われる。
松の木
この松の木は川原にあったのかどうなのか。この辺りでは水路が神明通り沿いに流れていたのかどうか、よくわからない。
このあと、水路はファミリーマートの裏手を抜けて、南荻窪図書館の南側で進路を南に移しているのだが、途中民家の塀の内側に蓋暗渠の痕跡が残っている他は見てわかるような部分もなく、水路敷自体も道路に沿っていない部分がほとんどのため見ることも難しい。
宮前けやき緑地
だいぶ南に行ったところにある宮前けやき緑地。松庵川はこの辺りへ写真奥の方、西から流れて来ていたという。
ここからの写真は2017/8/19撮影。
水路敷?
西に進んで坂を登ったところで、南側のマンション敷地の境目に怪しい蓋を見つけた。区有地との境界標があるあたり、蓋の部分が区有地であることがわかる。
擁壁沿い
その蓋は擁壁沿いを南へ伸びて行く。ここも私有地に入ってしまうので、これ以上たどって行くことは出来ない。松庵川は、この先で西から、宮前中学校の南側を流れていたらしい。
すぎナビその2
すぎナビでさらに上流(宮前中学校から高井戸第四小学校まで)を見る。
この辺りになると、現存する蓋暗渠などを見ることが出来るようになる。
慈宏寺
宮前中学校の向かい側にある慈宏寺。寛文13年(1673年)創建というから、南隣の大宮前春日神社(万治年間、1658〜60年創建)とほど近い時期に建てられた寺院で、いずれも近辺の大宮前新田を開墾した井口家によって建てられたらしい。
その慈宏寺の境内に、西へ向かって蓋暗渠が通っているのが見える。墓地の中に入ってしまうので立ち入ることは憚られた。
春日神社
その大宮前春日神社は、大宮前新田(現在の地名は宮前)にある春日神社ということではあるのだが、杉並区にはもう一つ大宮という地名と大宮八幡宮があるため、こちらの地名は宮前と省略されたという。で、そもそも大宮前というのが春日神社のことではなく大宮八幡宮の手前にあるからという説もあり、微妙によくわからない地名ではある。
いずれにせよ、松庵川の旧名である大宮前大下水の名前の元になっているのは確かなようだ。
隙間
慈宏寺の裏手を北に向かって進んだところ、道路の左側に水路敷と思われる隙間を発見。
橋の跡
次の交差点を西へ進むと、舗装道路が一ヶ所だけコンクリートになっている場所があった。
蓋暗渠
そのコンクリート部分の北側から南側(下流)を見ると、蓋暗渠が伸びている。ここで蓋暗渠を道路が橋で渡っていたということだ。蓋暗渠に入って行くことはできるが、すぐ先で行き止まりになっていた。
北
振り返って北側、上流は蓋暗渠の道が木の板で蓋されてしまっていて進めない。
蓋の先
北側を覗いて見たところ。
竿
北側に回ってみた。こちらは物干し竿で通行止めにしてある。
狭
さらに北側は入っていけないこともなさそうだが、やめておこう。

by Natrium