Natrium's @lacoocan edition
谷端川と周辺の水路敷群(谷端川北緑道)その3
←前のページ
撤去予定
児童遊園らしい遊具があるのだが、老朽化で撤去予定だそうだ。
ここからの写真は2017/11/19撮影。
水路敷
その近くで、緑道の南側へ伸びる水路敷を発見。あとでブルーマップを確認してみたが、この辺りには田畑があった頃の名残と思われる水路敷がいくつか取り残されている。
まずはこの水路敷の上流を探してみよう。
反対側
一本南側の道路から下流方向を見る。自転車置き場になっている部分が水路敷と思われる。
続き
少し東に寄ったところに続きが南へ伸びている。
未舗装
南側は未舗装になっていた。
床屋
水路敷の向かいにあった床屋。大きな看板は消えてしまっているが、現役で営業中のようだった。
水路敷はここで再びあみだくじのように西側へ移動する。
水路跡
この道路が、緑道に接していた水路敷の延長線上にあり、水路の跡と思われる。
ここからの写真は2017/11/23撮影。
蓋
途中、道路中央に何箇所か蓋をされた排水口があった。
南側
南側の道路に出たところで水路敷を見失う。道路は写真奥(東側)へやや下っており、上流があるとすればそちらだろうか。
チビッ子児童公園
東側へ進むと、池袋本町三丁目チビッ子児童公園という崖下に取り残された空間に出た。いかにも湧き水が出ていそうな雰囲気だが、証拠は見つからない。
このあたりは、下板橋駅へ向かう補助73号線と交差し、北池袋駅から山手通りまでつながる補助82号線の予定地になっており、この雰囲気もいずれ見られなくなるかもしれない。 ここからの写真は2017/11/19撮影。
消火栓
近くで見つけた琺瑯製の消火栓標識。
隙間
さきほどの水路跡の西隣の道路で、家屋の間に不自然な隙間を見つけた。ブルーマップで確認しても分からなかったのだが、ここが水路の上流橋なのかもしれない。
氷川神社
すぐ近くの崖上には、池袋氷川神社がある。創建を伝える記録がなく、いつからここに鎮座しているかは不明だが、永禄2年(1559年)にはすでに池袋村があり、天保元年(1830年)の「新編武蔵野風土記稿」には村の鎮守としての記録が残ると言う。時期的に七五三参りをしている家族がいるようだった。
柱
緑道に戻る道すがら、アパートの壁に埋もれていた柱を見つけた。門扉にしても位置がおかしいが、何らかの理由で撤去されずに取り残されたのだろうか。
東京美術
さて、戻ってきて緑道を少し西に進んだところ。再び緑道の南側に微妙な空間を発見。
ここからの写真は2017/11/23撮影。
裏側
南側に回って見ると、民家の敷地に巻き込まれてはいるが、水路敷っぽい空間が残っていた。

by Natrium