Natrium's @lacoocan edition
谷端川と周辺の水路敷群(谷端川北緑道)その1
地図
板橋区図で今回のコースを見る。
板橋区と豊島区の境を流れる谷端川北緑道を進んでいく。
新撰組の街 滝野川
JR埼京線板橋駅の東側は元滝野川区(現在は北区)。ここは新撰組の街だそうだが…
ここからの写真は2017/11/19撮影。
近藤勇墓所
その理由は板橋駅前にある近藤勇墓所があるから。明治維新の慶応4年(1968年)、新撰組局長近藤勇は板橋宿近くで処刑され、この地に胴体が埋葬されたという。
隙間
さて、本日の出発地点はここ。板橋駅東口のホテル脇にある微妙な隙間。
水路敷
自転車駐車場とホテルの間に、埼京線の擁壁に向かって自転車等放置禁止のシールが貼られた通路状の空間があるが、ここがかつての谷端川の一部であるようだ。
ただし、現在の下水道本管はもう少し北側にある地下通路(板橋駅の下にあるだけで、地上を通っているようにも思えるのだが)を通っており、暗渠になる前はそちらが川筋だったのかもしれない。
西側
埼京線の西側はJRの敷地になっており、川跡はよくわからない。
地下通路
西側から板橋駅地下通路を見る。上の写真は歩行者優先の看板あたりから右側を見た形になる。
板橋駅方向
谷端川北緑道の出発点から板橋駅西口方向を見る。写真手前が谷端川の水路にあたり、右側(東側)は駐輪場、左側(西側)が谷端川児童遊園として遊歩道化されている。
むすびのけやき
板橋駅西口駅ロータリーにある「むすびのけやき」という二本の大木。板橋本町にある縁切り榎とセットになっているらしい。
豊川吒枳尼真天
そこから少し西に行って板橋駅前公園には、豊川吒枳尼真天という小祠がある。吒枳尼天は日本で稲荷信仰と習合したため、ここにも狐が祀られている。
この写真は2017/11/23撮影。
北緑道
一方、谷端川北緑道はスーパーマーケットの北側に沿って、道路よりやや高い位置を進んでいく。
ここからの写真は2017/11/19撮影。
児童遊園
さきほども書いたが、この辺りではまだ板橋区側にあるこの緑道、板橋区側では谷端川北緑道ではなく、谷端川児童遊園となっている。北緑道全体を見渡しても、豊島区側の看板では北緑道なのだが、板橋区側には北緑道の表示がなく、名称が統一されていないようにもみえる。
一の橋
スーパーマーケットの西側、欄干状のモニュメントが残されている一の橋。ここから写真奥、南へ向けて池袋駅方向へ向かう支流があったという。
この写真は2017/11/23撮影。
支流の脇道
まずは池袋駅方向へ向かっている支流をたどってみよう。途中、西向きに水路敷らしい細道を見かける。この支流は、もともと並走する二本の水路だったらしい。
ここからの写真は2017/11/19撮影。
東上6号踏切へ
支流の水路は東武東上線の東上第6号踏切へ向かって行く。
南へ
東上第6号踏切の南側をさらに進む。
新月湯
途中、水路脇によくある風呂屋を見つける。
猫
猫のいる脇道。西側の水路跡との間を繋いでいるように見える。

by Natrium