Natrium's @lacoocan edition
谷端川と周辺の水路敷群(椎名町〜上流端)その4
←前のページ
路地
西に向かってすぐ、北向きに路地があらわれる。道の中央に境界標があり、左右どちらかは私有地なのだろうが、どちらなのかよくわからない。
マンホール
道路の中央にマンホールが並んでいる路地を進む。
未舗装
突き当たりの先には、未舗装の道が西へ続いていた。
細道
上の写真で奥に写っている自動販売機の左側に、水路敷らしい細道があった。
細い
狭い水路敷を進むと、車が通れそうな程度の幅がある路地に出た。
舗装
路地は南半分の舗装が異なっている。かつてはここが側溝だったのだろう。
互い違い
路地の出口。突き当たりの家の右(北)側に舗装水路敷が続いている。
狭くて古い
左側の家から塀が倒れてきそう。
ここからの写真は2017/9/3撮影。
旅館
急に開けた場所に出た。旅館を左手に、水路敷は道路に変わって続く。
西向不動尊
旅館の斜め南側にある西向(にしむかい)不動尊。たしかに西を向いているのだが、領主であった豊島氏の居城(現在の豊島園)の方を向いているためと言われる。
しかし、旅館の方は「にしむかい」でも「にしむき」でもなく、「さいこう」と読むそうだ。
松
旅館の先、道路は四つ角の先で幅が狭くなっており、ここで水路は南側から曲がってきたらしい。
南
四つ角から南を見る。矢印のところに、再び西へ向かう水路敷が現れる。
水路敷
ここから長崎公園に向かって水路敷が伸びている。
苔
苔むした水路敷。
隙間
未舗装の水路敷の先に公園が見えてきた。
長崎公園から
長崎公園まで通り抜けて東側を振り返ったところ。
長崎公園
長崎公園の中にも、西に向かって水路敷が続いている。
上流端
長崎公園の中央を南北に通る道路で水路敷は終わっていた。
公園西側
西側の公園敷地は南半分が窪地になっており、このあたりが上流端ということになるだろう。

by Natrium