Natrium's @lacoocan edition
谷端川と周辺の水路敷群(椎名町〜上流端)その1
地図その2
豊島区案内図で今回のコース(目白四丁目仮児童遊園から千早フラワー公園まで)を見る。
谷端川は西武池袋線の南側で大きく曲がり、北側へ上っていく。途中の支流も含めたどっていこう。
仮児童遊園
西武池袋線の南側にある目白四丁目仮児童遊園。線路に向かって突き当たりとなる道路の端に仮に作られたという形なのだろうか。遊具が一つあるだけの小さな児童遊園(仮)からスタート。
ここからの写真は2017/9/3撮影。
もじゃハウス
すぐに谷端川は西へ向かって向きを変えて行くが、カーブの左側にくもじいが喜びそうな廃屋が。
側溝跡
道路左側の不自然な歩道が、かつての側溝だった風情を残しているように見える。
御祭礼
椎名町駅北側にある長崎神社の幟。この近辺の旧地名である長崎村は、鎌倉時代末期の武将、長崎高重の知行地であったからという説がある。
支流
旧真和中学校西側で、南から支流が合流してくる。道路右側の歩道がかつての側溝だったようだ。とりあえずこちらへ寄り道してみよう。
ここからの写真は2017/11/5撮影。
行き止まり
丁字路の先には水路敷が残っているが、すぐに行き止まりとなっていて入って行くのは難しい。
横道
西側の道路に回り込んでみると、水路敷につながる細道があった。
直角
細道の先には、水路敷が復活して南へ進んでいた。
突き当たり
上流側から見たところ。工事中の敷地に水路敷が飲み込まれている。
上流へ
上流方向は建物の間にまっすぐ続いていた。
保育園脇
目白第一保育園の脇で、水路敷は道路に合流している。
合流点
その先にある、なんということのない交差点が、実は二つの水路が合流するポイントになっている。
まずは、右(西側)へ進んでみよう。
Y字路の左を進んでいった先に、水路敷らしき通路があるようだ。
通行可?
車止めがなく、標識の上では自動車も通行可能なように見えるが道幅から考えて無理だろう。自転車やオートバイは通行できるということか。
突き当たり
1ブロック先で水路敷は突き当たりになっていったん終わっている。ブロック塀の向こうに続いていたようだが、ビルの向こうにある山手通りはかさ上げされているようで、表通りとは大きな段差がある。
山手通り
山手通り北側から水路の跡を見る。水色の線あたりを水路が走っていたはず。
ところで、右側のビルの土台部分にさりげなく石仏が置かれているのに気が付いた。保存状態はあまり良くなく何の像だかはよくわからなくなってしまっている。

by Natrium