Natrium's @lacoocan edition
田柄用水 - 富士街道〜田無用水(分水口)その5
←前のページ
地図
南に向かう場所にあった地図。
田柄用水はこのあたりでは保谷町(旧保谷市本町)の北側を流れているのがわかる。
保谷町二号水源
そこから少し南に進んだところ、道路と蓋暗渠の東側に、「保谷町二号水源」という東京都水道局の施設がある。
ここは現役の水道用水源となっているらしい。かつては、湧水として田柄用水にその水を流していたのかもしれない。
段差
水源からすこし進むと、道路よりも暗渠のほうが高い位置になっていく。
側溝としては不思議な光景だが、土手になっている上に蓋をつけたのかもしれない。東側(写真では左)のほうが土地が高くなっており、その縁の高い部分を水路が流れていたのだろうか。
夏祭り
その先にある「保谷なかよし公園」では、夏祭りの準備が進んでいた。
西浦北向地蔵尊
公園の南に、西東京市指定文化財第36号の「西浦北向地蔵尊」がある。ここで、水路敷は道路と別れ写真左のほうへ進む。
このお地蔵さんは、関道の庚申像から5年後の享保4年(1719年)建立。
西へ
裏路地となった水路敷はすぐに道路と再び合流したところで、西に進路を変える。
また別れ
少しだけ道路の南側を蓋暗渠で進んだのち、またもや道路と別れ南寄りへ。
裏道
大きな屋敷の北側を水路敷は進み、写真奥で南へ直角ターンとなる。
空き地
その後、水路敷は広い空地のある場所へ。写真左奥の街路灯がある位置で、今度は西へ直角ターン。
地図にない道
そこから先は、なぜか地図には書かれていない住宅の裏道。
北原第一公園
この写真は上流側から。
裏道は北原第一公園の北側で、道路に合流して南へ直角ターン。
で、実はこの日、ここでいったん水路敷を見失ってしまったのだった。
Google Mapではこの南側で水路敷が西へ直角ターンしているのがわかるので、後日再訪したい。
西へ
2012/10/27に再訪。
公園の南角で水路敷はまたも西へターン。道路北側の側溝跡として蓋暗渠が続く。
谷戸新道へ
まっすぐ進んだ水路敷は、都道112号線(谷戸新道)に合流する交差点でいったん痕跡を失う。
実はこのときは気が付いていなかったが、水路敷は写真の丁字路を南にターンしているようだ。後日確認に行ってきたい。

by Natrium