Natrium's @lacoocan edition
田柄用水 - 富士街道〜田無用水(分水口)その4
←前のページ
屋敷森
田柄用水の南側にある屋敷森を見る。
左に少し見えているのが本町小学校。
突き当り
屋敷森脇を過ぎると、蓋暗渠はすぐに駐車場に突き当たって北へ曲がる。
歩いているうちに曇ってきてしまった。
側溝
かつては道路脇の側溝だったであろう蓋暗渠が続く。
付いては離れ
暗渠の道はいったん二車線道路と合流しかかるが、すぐ西側を分かれて進んでいく。
古い地図を見ると、左側の水路があるほうが旧道だったと思われる。
曲がり角
しばらくそのまま進むと、信号機のある交差点で再び二車線道路に近づくが、水路敷はそちらの道とは合流せずに、富士町交差点から北西に進んできた関道に沿っていくことになる。
晴れ間
関道の脇に、側溝だったであろう蓋暗渠が続く。
再び日差しがさしてきた。
都道233号線
関道は、保谷駅から南西に進んでくる都道233号線と交差する。
細道
交差点を超えると、北へ進む微妙な細道を発見。
一見水路敷に見えるが、進んだ先は一般の道路になるので、古いあぜ道なのかもしれない。
分かれ道
ちょっと進んだところで、蓋暗渠は関道と分かれ、西へ進む。
暗渠
かつては畑の間を流れる用水路だったのだろうが、現在は住宅地の間にある暗渠になっている。
青面金剛庚申像
ちょっと寄り道して、上の写真中央の道を北へ。関道と合流して少し北へ行くと、西東京市指定文化財第23号の「青面金剛庚申像」(しょうめんこんごうこうしんぞう)に出会う。
正徳4年(1714年)建立で、江戸時代の上保谷村の中心地であったこのあたりの字名から、「榎の木の庚申様」とも呼ばれているそうだ。
道教に言う三尸(さんし)という人間の体内に住む虫が、庚申の日に体を抜け出して天帝にその人の罪悪を告げて寿命を縮めるとされていたことから、三尸が抜け出さないように夜通し酒宴を催したのが庚申講だそうな。
かつて、腕は六臂(左右に3本ずつ)あったが、昭和20年(1945年)の空襲で3本を失ったと、脇にある説明に書かれていた。
再び側溝
さて、西へ進んだ暗渠はまたもや道路にぶつかると側溝らしき暗渠となって今度は南西へ。
南へ
少し進んだ所で、今度は南へ進路を変える。

by Natrium