Natrium's @lacoocan edition
田柄用水(笹目通り〜石神井一里塚)その1
地図
ねりまっぷで田柄用水の中流部を見る。
田柄用水(たがらようすい)は、西東京市で田無用水を分水して富士街道沿いに東進、石神井公園駅付近から北上して関越自動車道練馬ICを過ぎ、土支田町内を蛇行しながら光が丘へ向かう用水路で、光が丘の先は自然河川の田柄川へとつながっている。
現在では、田柄川を含めすべてが暗渠化されている水路の一部を下流側からたどってみる。
出発点
笹目通り、土支田交差点のやや南。中古バイクショップの横に唐突に始まる水路敷が旅の始まり。
田柄用水は、笹目通りの東側にも続いており、東側の水路敷はここから南に向かった豊渓歩道橋脇から光が丘へ向かっている。そちらもいずれたどってみたい。
写真は断りがなければ2012/5/4撮影。方向は書いていなければ上流に向かって撮影している。
水路敷
マンション横を抜けて最初の道と交差すると、その先に練馬区ではおなじみの水色の舗装が現れる。
このあたりは、練馬区ホームページの「田柄用水」(リンク切れ)によると、田柄川上流部にあった枯れ川(雨のあとだけ水が流れる谷間)を利用して明治4年に開削されたそうだ。
道路端
さらに進むといったん道路と並走する形となる。
もともと土支田近辺は高台で水源がないため、農業用水として開発されたらしい。
用水路
道路から離れ、いかにも水路敷らしい裏路地を進む。
直角
路地状の水路敷を進むと、アポロ公園に出会ったところで南へ90°向きを変える。
(この写真は2012/5/6撮影)
かつての枯れ川は直進方向らしいが、用水路として付け替えられたようだ。直進方向は住宅街になってしまい、川の痕跡は残っていない。
道端
アポロ公園脇を抜け、水路は道路の東側に張り付くように続く。
西側へ
右に豊渓小学校を見る交差点から、水路は西側に移動する。
畑
一方、水路敷のやや西より、豊渓小学校北東には大きな畑地があり、写真ではわかりにくいが右側(畑地の東端)の住宅に沿ってわずかに地形にくぼみがある。
(この写真は2012/5/6撮影)
おそらくは、そのあたりを枯れ川が流れていたのではないだろうか。
右ターン
たわらくぼ児童遊園を超えたところで水路敷は西向きに90°ターン。
俵久保はこのあたり(下土支田村)の字名。クボという地名が窪地を連想させ、枯れ川が流れていたことを示すのかもしれない。
豊渓小学校南
進むと豊渓小学校の南に出る。水路敷は写真左の小道だが、北へ向かう道がすぐ先(消防団詰所の手前)でわずかにへこんでおり、枯れ川はそちら側を流れていた可能性がある。
くねくね
小学校の南側を水路はくねくねと西へ進む。
写真中央のあたりで、右へ向かう枯れ川と別れていたような感じの地形になっている。
段差
このあたりは、水路敷両側の土地とかなりの段差がある。
(この写真は2012/5/6撮影)
区画整理
水路敷は、五十嵐第11駐車場のところで土支田中央土地区画整理事業による区画整理地域にぶつかって痕跡を消してしまう。

by Natrium