Natrium's @lacoocan edition
田柄用水(西本村の支流)その3
←前のページ
カーブ
さて、庚申塔を過ぎて緩やかなカーブになっている続きを進んでいく。
合流
平和台駅から矢印の場所へ合流してくる支流がある。とりあえず距離の短い直進方向へ進んでみよう。
ファーム渡戸
歩道付きの道路はファーム渡戸という農園に突き当たって終わっているが、店舗の間に続いている道が実は水路敷。
舗装
ファーム渡戸の反対側へ回り込んで見ると、道路と交差するように一直線に舗装された水路敷が続いていた。
上流端
上流端は開進第一小学校近くの放射35号線脇にあった。放射35号線は環状7号線の豊玉中二丁目から分かれ、池袋駅西口から要町通りとして進んでくる放射36号線(小竹向原と氷川台の間は未完成)と開進第一小西側で合流して新大宮バイパスへ向かう計画路線で、現在平和台駅近辺から川越街道までが工事中の事業区間となっている。
上流端のあるあたりも放射35号線の道路予定地だが、特に用地買収が進んでいるようには見受けられず、少し西側に行った開進第一小北交差点から手前は二車線のままで当面拡幅はされないらしい。
平和台駅へ
さて、戻って平和台駅へ向かう流れを遡っていこう。こちらは合流点から2ブロックほど真っ直ぐ進んでいく。
切り欠き
突き当たりになったところで、道路南側に切り欠きがあって水路敷が西へ向かっているのがわかる。
歩道
近辺のほかの道路と比べて少し幅広い道に、歩道がついているが、この部分がかつては水路だったのだろう。
左折
徐々に道路は細くなっていき、左に曲がる。
取り残され
最後は放射35号線工事現場の北側、有楽町線乗り場に突き当たる形でわずかに水路敷が取り残されていた。
立体交差
放射35号線と環状8号線の立体交差工事現場を池袋側から見る。
写真左側の現道地下には東京メトロ有楽町線が走っているはずなので、放射35号線は新道として北側に付け足される形になっている。しかし、アンダーパスをくぐってこちら側に出てきても、この先は氷川台駅で終わってしまう道路なので環七に行く渋滞がどうなるか心配ではある。

by Natrium