Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(矢島川とその支流)その4
←前のページ
南側
今度は昭和通り南側の合流点から南へ回り込んでみる。マンション東脇に蓋暗渠が伸びて来ていた。写真は下流方向を見た所。
ここからの写真は2018/4/28撮影。
左
振り返ると南へ向かう道路の左に水路が側溝として続いていた。
危い
南へ進んで交差点から振り返って下流側を見る。路面に書いてあるペイントは見づらいが、どうやら「危い」と書いてあるらしい。見通しの悪い交差点でもあり、谷底でもあるので出会い頭の事故があるのだろう。
竹藪
交差点を越えて南へ進むと、道路は蛇行しながら上っていき妙典寺の竹藪行き当たる。水路はその竹藪の西側から出て来ている。
妙典寺には、日蓮聖人が文永8年(1271年)に佐渡へ配流となる際、この地で難産に苦しむ地頭の妻に祈祷し、地頭が湧水を妻に飲ませたところ無事出産したという伝説が伝わる子安の池があり、そこが水源なのかもしれない。
妙典寺はそのときの地頭である墨田五郎時光がのちに出家して自らの館を寺としたという。ただし、日蓮一行は厚木から鎌倉街道を北上し、久米川を通って新潟に向かっているので、大きく東に逸れて新倉に寄ったという後世の伝記に疑問を挟む向きもあることを付記しておく。
水道道路
さて、いったん和光市の北側を東西に貫く水道道路まで戻ってきた。
北側
水道道路から、矢島川の最も東側の支流を下流方向に見る。その1で見た廃水路はここまでは立ち入ることができない。
通路
振り返って南側。コンビニの駐車場とバス停の脇に蓋暗渠というか側溝がある。この部分、実はしばらく見ていると結構人通りがあった。写真奥の病院脇からバス停に向かって通路になっているらしい。
マンション脇
病院側から下流方向を見る。こちらからは一見歩道に見える。
ここからの写真は2018/4/30撮影。
藪
南側は藪になっていて入れない。
南側
南側へ回り込んで見た。こちらからは入れそうだが、途中で行き止まりになっているようだ。
通れる
ここから南へ向かっては歩道として使われているようで入っていける。
歩道
すぐに水路敷は道路に行き当たり、ここではそのまま道路脇の歩道として続いていく。
終了
その歩道もすぐに終了。しかし、どうやらかつては道路右側の斜めになっている塀の方から水路がきていたようにも見える。
水源?
水源と思しき場所には、小さな祠があった。すぐ南には昭和通りがあり、別の水源地を持つ下里(さがり)川が流れている。下里川との間は微妙に盛り上がりがあるので、この流れた下里川から分かれていると解釈するのも微妙ではある。

by Natrium