Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(矢島川とその支流)その3
←前のページ
支流
続いて、さきほどの合流点からひとつ東側の支流をたどってみる。行き止まりの道に沿って蓋暗渠を進んでいく。
ここからの写真は2018/4/28撮影。
小道
車道が行き止まりとなったところで、西に向かって小道が続いていた。
蓋暗渠
その先は再び蓋暗渠になる。前のページで本流から見えた駐車場の反対側を通り抜けていく。
コンビニ脇
コンビニの脇で昭和通りに出る。
行き止まり
昭和通りの南側にも蓋暗渠は続いているが、その先で行き止まりになっている。マンションの駐車場にぶつかるところで、西からくる流れと、マンションの駐車場を越えて南側から流れて来る流れが合流していたらしい。
畑
まずは西側に回り込んでみる。畑の北側ある隙間が下流に向かう水路敷らしい。
青面金剛
畑から南を見る。青面金剛庚申塔のある交差点から、南へ向かう弥太郎坂通りに水路敷がある。
くねくね
川跡らしいクネクネとした道を上っていく。徐々に上り坂になっていく。
浄水場
そのまま坂道を上っていくと酒井浄水場にたどり着いてしまった。ここは和光市に二ヶ所ある浄水場のひとつで、湧水ではなく深井戸からの地下水を水源としている。ほとんど坂を上り切った場所にあり、矢島川の水源というには無理がある。
隙間
実は、少し手前に戻って坂道の途中に東へ向かう隙間があったのだ。どうやらこちらが本来の上流部分であるようだ。
隙間の中
隙間から奥の方を覗いてみる。入っていくのは難しそうだが、蓋暗渠になっていた。
金網
というわけで坂を少し上って路地を東へ向かう。すぐに、金網で封鎖されている水路敷が見つかった。
下流へ
金網の上から下流方向を眺める。こちらは蓋暗渠かどうかよくわからない。
側溝
金網から東に向けて水路跡と思われる側溝が伸びている一方、南側にも続きがあるようだ。
谷頭
東へ向かう側溝は、崖上に分譲住宅が並んだ一角で側溝は途切れている。かつては崖のあたりに湧き水が出ていたのだろうか。とりあえずこのあたりが支流の上流端ということになるだろう。
水路敷
南の水路敷はすぐに民家の裏に回り込んで東側の道路に戻ってくる。
ここからの写真は2018/8/5撮影。
側溝その2
もともとは畑の中を水路が流れていたようだが、現在は道路脇の側溝となって坂道を上っていく。
ボックスカルバート?
畑の南側に、むき出しになった側溝からボックスカルバートのようなものが伸びている。先端は再び南へ曲がっているので、まだ上流があるようだ。
隙間
西側の道路から南へ回り込んで見る。ビニールハウスのある農園の南側に水路敷が続いており、そこから不自然な空き地の向こうに隙間があるのが見える。
草叢
住宅地の擁壁と空き地の擁壁の間に水路敷の草叢が伸びている。
空き地
Google Mapの空中写真を見ると、もとは農地だったらしい空き地の南側で水路敷は再び住宅の間に飲み込まれる。
上流端
水路敷は尾根筋の道まで続いていた。ここが矢島川の最上流端と言ってもいいだろう。
氷川八幡神社
上流端のすぐそばには、下新倉氷川八幡神社がある。寛治5年(1091年)に創建されたと伝わる古い神社で、元は宇佐八幡宮からの勧請、文禄3年(1594年)に武蔵一宮の氷川神社を勧請したという。新倉(上新倉)氷川八幡神社と並んで現在でも地元の鎮守社として大事にされているようだ。
庚申塔
二つの氷川八幡神社を結ぶ尾根道は古道のようで、西に向かうと途中に庚申塔が並んで建っていた(西側から撮影)。

by Natrium