Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(矢島川とその支流)その2
←前のページ
本流?
さて、本流と見立てた西側の流れから上流へたどってみよう。道路脇にある歩道がどうやらかつての水路(側溝)のようだ。
駐車場
東側に広がる広大な駐車場。実は、その向こうの木立が見えるところにひとつ東側の支流が流れている。そちらにも後で行ってみることにする。
金泉禅寺
その駐車場の所有者でもある臨済宗建長寺派の金泉禅寺。鎌倉時代末期から南北朝、室町時代に生きた禅僧、夢窓疎石が開山したとされる古い寺院だ。
古代の新座(新羅)郡衙があったとも言われる牛王山(ごぼうやま)の裾野に敷地が広がっている。
交差点
昭和通りの交差点まで来たところ。新倉と下新倉の境界線はいったん昭和通りに沿って右奥へ向かっていくが、水路敷は正面の道路に入っていき、その先の蕎麦屋の脇で行き止まりになっている。
庭球場
ぐるっと南側に回り込んでみる。坂下庭球場の西側に向かって、蓋暗渠が入っていくのがわかる。どうやらこちら側から下流に進んでいくことができそうだ。
ぐるり
庭球場の北側へ蓋暗渠は回り込んでいく。そのまま正面に見える蕎麦屋の方へ流れていくかと思いきや…
側溝
いったん水路敷は南へ回り込んだ上で下流へ進んでいるようだ。ここから先に入ることは難しそうだが、気になるのは水路の配置。写真右側は下流のはずなのに、右側から流れて来る側溝の水が左の蓋暗渠に流れ込むように作られているような謎の構造になっている。
すでに上流から流れて来る一連の水路としての役割は無くなっていて、庭球場南側を走る下水道に向かって逆向きに水を流しているのかもしれない。
上流へ
それでは、改めて庭球場から上流を目指していこう。西に向かう道路の右側にかつては側溝が流れていたのだろう。
分かれ道
すぐ先で並行している道路がある。水路は左側の道路を流れていたようだ。
隙間
左側の道路を進んで行ったところで、道路左側に見つけた隙間。ちょっと覗かせてもらうと、水が流れていたらしき溝の向こうには壹鑑寺が見えるようだ。
壹鑑寺
水路の南側にある曹洞宗壹鑑寺(いっかんじ)。慶長3年(1650年)川越に開山されたのち、領主であった酒井壱岐守忠重の転封に伴い寛永年間に当地へ移転したという。
酒井忠重という人物は同時代に二人いたようで、徳川四天王と称される酒井忠次の孫で、忠次の養子となった出羽白岩領主の長門守忠重(左衛門尉酒井家)ではなく、雅楽頭酒井家の川越藩主備後守忠利の三男の方らしい。徳川家光、家綱時代に老中、大老を務めた若狭小浜藩主酒井忠勝の弟にあたる。忠勝が加増されて川越から小浜に移る時期に当地の領主として入って来たと思われる。
坂下湧水公園
水路の方はそのまま道路を進んでいくと、坂下湧水公園に行き当たる。ここが本流の水源となっている様子。
小川
湧水公園の中では、湧水が小川として整備されている。
水源
湧水公園の中にある湧水。ここから矢島川は流れ出ている。
天神ヶ谷戸公園
湧水公園の西側にはまだ谷が広がっており、谷頭は天神ヶ谷戸公園になっている。
ここからの写真は2018/8/5撮影。
谷を望む
谷戸の上から谷を見る。

by Natrium