Natrium's @lacoocan edition
白子川周辺の水路敷群(矢島川とその支流)その1
地図
和光市ガイドマップで矢島川とその支流群を見る。
矢島川という名前はあまり知られていないと思うが、旧上新倉村と旧下新倉村の境界線を流れていた川で、現在は暗渠化されている。
和光市が平成16年(2004年)に住居表示を実施した際にも、新倉と下新倉の境界線として名前があげられており、和光市認定路線網図にもその名前が御滝川、下里(さがり)川とともに記載されている。
出口
新河岸川に注ぐ矢島川の出口を南側の新倉橋から見る。欄干越しに見えるコンクリートの構造物が矢島川の出口。越戸川と白子川の中間にある、独立した新河岸川の支流であることがわかる。
ただし、この出口は近辺の水路を集めて新河岸川に流すための排水路のようで、元々の矢島川は新倉橋の南側で合流していたようだ。
ここからの写真は2018/4/28撮影。
水路
北側から流れてくる現役の水路。矢島川の流路の西側にあり、写真奥に見える県立和光高校からまっすぐ流れてくる。
出発点
矢島川流路をたどる道路から新河岸川方向を見る。この先はフェンスで封鎖されていて入ることが出来ない。
南へ
振り返って和光市清掃センターと複合老人福祉施設の間の道を南へ向かって進んでいこう。
流路
清掃センターの前で道路が二股に分かれている。このあたりは区画整理されていて道路は基本的にまっすぐ敷かれているのだが、矢島川を境に東西でその角度が異なる。
そのあたりにも、ここが境界線となっていることが見て取れる。
くねくね
くねくねと矢島川の跡を遡っていく。現在でもここが新倉と下新倉の境になっていて、かつては西側(右)を上新倉、東側(左)を下新倉と呼んでいた。
廃水路
矢島川の西側、現役水路との間に打ち捨てられた廃水路を発見。かつては一帯が全て耕作地だったが、工業化や水道普及の影響もあるのだろうし、大半の水路がこのように放置された状態になっている。
合流
矢島川の東側から合流してくる廃水路もある。この水路敷は水道道路の向こうにも続いているのだが、たどるのは後回しにしておこう。
さらにくねくね
その先も矢島川はくねくねと流れていたようだ。
西側
いったん西側に寄り道。大きなビニールハウスの脇では、細いが現役の水路になっていた。
分岐
さて、再び矢島川。水道道路に出る手前でくねくねしていた道路がまっすぐになる。新倉と下新倉の境は左の直線道路なのだが、かつての矢島川は右側の私道のような方から流れて来ていたらしい。
高校脇
上の写真で奥に見えるフェンスが新倉高校のグラウンド。水道道路を越えて高校グラウンドの脇に水路敷が残されていた。
蓋暗渠
水路敷に入れないので東側から町境に沿って南側へ回り込んでみたところ。工場の脇に蓋暗渠が残っていた。
境
矢島川は再び町境に合流して南へ。
合流
なんてことのない十字路だが、ここで矢島川は西側の金泉禅師の前を通って、坂下湧水公園からの流れと、前方妙典寺から来る流れが合流している。
どちらが本流なのかよく分からないが、町境は坂下湧水公園の方に向かっているので、西の方を本流としてみる。

by Natrium